千葉県の「道の駅」特集!ドライブや観光の際に訪れたくなる魅力をお教えします

個性派揃いの千葉県内の「道の駅」をエリア別に分けて、その魅力をご紹介します!

リニューアルオープンをし、注目度が高い「しょうなん」や、廃校を活用した「保田小学校」など話題の道の駅もご紹介します。

千葉県の「道の駅」特集!ドライブや観光の際に訪れたくなる魅力をお教えします
千葉県の「道の駅」特集!ドライブや観光の際に訪れたくなる魅力をお教えします

★千葉県の「道の駅」一覧MAP

千葉県には、ドライブや観光で訪れたい魅力的なスポットがたくさんあります。道の駅もその1つ。どんなルートで巡ろうか、どの道の駅に立ち寄ろうかなど、地図を見ながら旅のプランを計画してみてくださいね。

  • 道の駅 とみうら枇杷倶楽部
  • 道の駅 三芳村鄙の里
  • 道の駅 ちくら潮風王国
  • 道の駅 ローズマリー公園
  • 道の駅 おおつの里花俱楽部
  • 道の駅 富楽里とみやま
  • 道の駅 和田浦WA・O!
  • 道の駅 白浜野島崎
  • 道の駅 鴨川オーシャンパーク
  • 道の駅 南房パラダイス/アロハガーデンたてやま
  • 道の駅グリーンファーム館山
  • 都市交流施設・道の駅 保田小学校
  • 道の駅 きょなん
  • "渚の駅"たてやま
  • 道の駅 ながら
  • 道の駅 たけゆらの里おおたき
  • 道の駅 あずの里いちはら
  • 道の駅 ふれあいパーク・きみつ
  • 道の駅 木更津うまくたの里
  • 道の駅 オライはすぬま
  • 道の駅 季楽里あさひ
  • 道の駅 みのりの郷東金
  • 道の駅 むつざわつどいの郷
  • 海の駅 九十九里
  • 道の駅 しょうなん
  • 道の駅 やちよ
  • 道の駅 多古あじさい館
  • 道の駅 くりもと紅小町の郷
  • 道の駅・川の駅 水の郷さわら
  • 道の駅  風和里しばやま
  • 道の駅 発酵の里こうざき
  • 道の駅 いちかわ

Google Mapの読み込みが1日の上限回数を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

<南房総エリアで「道の駅はしご旅」を楽しもう!>

南房総エリアには道の駅が多く、「道の駅はしご旅」にぴったり!

色々な道の駅に行ってみたい!という方におすすめです。

1.道の駅 とみうら枇杷(びわ)倶楽部

「とみうら枇杷倶楽部」は、南房総特産の枇杷を使ったオリジナルの「びわソフト」などのグルメや、びわ狩り、食用なばな摘みなどの体験ができる道の駅です。「全国道の駅グランプリ」で最優秀賞を受賞したことも。

2月には、店舗の裏に菜の花畑が広がり、写真スポットとしても人気です。


住所:南房総市富浦町青木 123-1

営業時間:10:00~17:00(平日)

      9:15~17:00(土日祝)

TEL:0470-33-4611

2.道の駅 三芳村鄙(みよしむらひな)の里

「三芳村鄙の里」がある南房総市は、実は日本の酪農発祥の地!

この道の駅では、レストランやショップで、搾りたての低温殺菌牛乳や絶品のソフトクリームが味わえます。

例年、1月〜4月頃には、「花摘み」が体験できます。


住所:南房総市川田82-2

営業時間:9:00~17:00

TEL:0470-36-4116

3.道の駅 ちくら潮風王国

大きなの漁船のレプリカが飾られている、道の駅「ちくら潮風王国」。

小高い丘から見渡せる海の景色はもちろん、広大な芝生広場には大型の滑り台が設置されていて、子どもたちに人気です。

地元の漁港で水揚げされた鮮魚が食べられるレストランや、カフェも併設されています。ゆっくりと過ごすのに、ぴったりです。

例年、1月~3月頃には、大地を美しく彩るお花畑を目当てに、多くの観光客で賑わいます。


住所:南房総市千倉町千田1051

営業時間:9:00~17:00

TEL:0470-43-1811

4.道の駅 ローズマリー公園

中世ヨーロッパ調の建物が印象的な「ローズマリー公園」。

施設内には、教会風の「ローズマリーホール」や、文豪シェイクスピアが晩年を過ごした家を再現した建物も。まるで異国を訪れたかのような雰囲気を楽しめます。

10種類以上と豊富なラインナップの海鮮丼も人気です。


住所:南房総市白子1501

営業時間:9:00~17:00

TEL:0470-46-2882

5.道の駅 おおつの里花俱楽部

「おおつの里花倶楽部」では、四季折々の花とフルーツが楽しめる道の駅です。

花摘みやフラワーアレンジメント、イチゴ狩りなどの様々な体験が楽しめます。

サンゴアロエやストレチアなど、日本では珍しい花も栽培されています。

日本最大級の大型ハウス温室なので、雨の日でも楽しめるスポットです。


住所:南房総市富浦町大津320

営業時間:9:00~17:00(12月~6月)

     9:00~16:30(7月~11月)

TEL:0470-33-4616

6.道の駅 富楽里(ふらり)とみやま

2023年7月にリニューアルオープンした「富楽里とみやま」は、パーキングエリア「ハイウェイオアシス富楽里」と一体となっている、高速道路利用者にも便利な道の駅です。

たけのこ狩りやびわ狩り、みかん狩りなどの体験も楽しめます。


住所:南房総市二部2211

営業時間:9:00~18:00(平日)

     8:30~18:00(土日祝)

TEL:0470-57-2601

7.道の駅 和田浦WA・O!

小さな漁師町にある「和田浦WA・O!」は、「クジラ」料理を堪能できる道の駅です。

アトリウムにある、WA・O!のシンボル「万祝くじら」や、全長26mものシロナガスクジラの骨格標本は必見!和田浦とクジラ文化に触れることができます。


住所:南房総市和田町仁我浦 243

営業時間:9:00~18:00

TEL:0470-47-3100

8.道の駅 白浜野島崎

房総半島最南端に位置している、野島埼灯台(※)を観光する際に立ち寄りたい道の駅です。いちご狩り体験もできます。


※明治2年(1869年)に完成した日本最初の洋式灯台のひとつで、抜群の眺望と白鳥の灯台と呼ばれるほどに美しい灯台が見どころです。


住所:南房総市白浜町滝口9240

営業時間:9:00~16:00

TEL:0470-38-5519

9.道の駅 鴨川オーシャンパーク

まるでピラミッドのようなユニークな外観をしている「鴨川オーシャンパーク」。

太平洋を一望できる展望テラスや、磯を再現したプール「千年磯」 、無料の足湯がある道の駅です。早春には、花摘みを楽しむこともできます。


住所:鴨川市江見太夫崎22

営業時間:9:00~17:00

TEL:04-7096-1911

10.道の駅 南房パラダイス

ドライブコースとして人気な房総フラワーラインにある「南房パラダイス」は、熱帯・亜熱帯植物を展示している「アロハガーデンたてやま」に隣接している道の駅です。

ウクレレの音色やフラダンス、ハワイ料理にトロピカルフルーツなどで、ハワイリゾート気分を満喫しましょう。


住所:館山市藤原1497

営業時間:9:30~17:00(最終入園16:30)

TEL:0470-28-1511

11.道の駅グリーンファーム館山(2024年2月16日(金)グランドオープン)

房総半島の南端にある千葉県館山市は、黒潮おどる太平洋に面し、緑豊かな大地と温暖な気候に恵まれ、海・山の多彩な食の恵み、食の豊かさから、“食”によるまちづくりを進めてきました。


その拠点となる施設として、「道の駅グリーンファーム館山」が、2024年2月16日(金)にグランドオープンしました。

ここでは、物販・飲食・体験施設のほか、農園を整備し、緑あふれる自然の中で、農業や食の体験&交流ができる“体験価値の高い道の駅”をコンセプトにしています。


【施設の主な機能】


・地域の新鮮な農産物や加工品を販売する直売所スペース

・ジビエや地元野菜等を中心にしたメニューを提供するレストラン

・ジビエや地元野菜等をセットで提供し、緑豊かな農園を望むエリアで、手ぶらで気軽にバーベキュー

・地元の牧場の新鮮な牛乳を使ったソフトクリームや、ジビエハンバーガー等の軽食販売

・乳しぼり体験や調理体験等、各種体験メニューの提供

・花摘みや収穫体験ができる農園



住所:館山市稲274

営業時間:9:00~17:00

TEL:0470-29-5385


Column

【グランドオープン】道の駅 グリーンファーム館山を徹底解説!

2024年2月16日、千葉県内で30番目となる道の駅 『グリーンファーム館山』がグランドオープンしました!

この記事では、オープンしたばかりの施設について、レストランやお土産などの詳しい情報を余すことなくご紹介したいと思います。

【グランドオープン】道の駅 グリーンファーム館山を徹底解説!

12.道の駅 保田(ほた)小学校

2014年に廃校となった「保田小学校」が道の駅としてリニューアルされました。

懐かしい雰囲気を感じられるだけでなく、「里山食堂」では懐かしい給食メニューが食べられます。

他にも、体育館は特産品直売所「里山市場きょなん楽市」に、教室は、宿泊施設「学びの宿」として宿泊することができる道の駅です。温浴施設「里の小湯」は、日帰り利用することもできます。


住所:鋸南町保田724

営業時間:9:00~17:00

TEL:0470-29-5530

Column

2023年10月14日 道の駅保田小学校付属ようちえんグランドオープン!

全国道の駅グランプリでも上位に名を連ねる『道の駅 保田小学校』に隣接して、2023年10月14日に『道の駅保田小附属ようちえん』がグランドオープンしました!既存の保⽥⼩学校と合わせると、その広さはなんと約23,000平方メートル。新たな遊び場やドッグラン、飲食店なども併設され、さらに充実した道の駅に進化しました。

さまざまな設備があるので、大人も子どもも、愛犬も大満足間違いなし!

2023年10月14日 道の駅保田小学校付属ようちえんグランドオープン!

13.道の駅 きょなん

東京湾に面しており、夕日の絶景スポットとしても人気の「きょなん」。

敷地内には、「見返り美人図」で有名な浮世絵師「菱川師宣」の記念館が併設されています。

潮の香りと景色を楽しみながら、歴史や文化にも触れられる道の駅です。


住所:鋸南町吉浜517-1

営業時間:9:00~17:00

TEL:0470-55-4518

14.道の駅 たけゆらの里おおたき

たけのこの一大産地である大多喜町にある「たけゆらの里おおたき」。

3月下旬~4月下旬にかけて期間限定で販売される、旬のたけのこをふんだんに使った「たけのこ御膳」が、食堂の大人気メニューです。

数量限定なので、お求めの方はお早めに!


住所:大多喜町石神855

営業時間:9:00~18:00

     冬季(12月~2月)は9:00~17:00

TEL:0470-82-5566

Column

渚の駅たてやま

館山おさかな大使で、名誉駅長でもある「さかなクン」のギャラリーが併設。

房総で育まれた新鮮な野菜をはじめ、水揚げされた地魚なども並んでおり、特産物を目当てに訪れる方も多いスポットです。2階には、海を眺めながら新鮮な海の幸をいただける人気のレストランがあります。


住所:館山市館山1564-1

営業時間:8:00~17:00

TEL:0470-22-3606

渚の駅たてやま

<かずさエリアにある道の駅>

1.道の駅 あずの里いちはら

里山の麓の緑に囲まれ、豊かな自然に触れられる「あずの里いちはら」。

地元農家が育んだ旬の農産物を使ったお寿司やお餅などが販売されています。隣接する「市原市農業センター」には、ソメイヨシノやヤエザクラなどの桜が植えられており、春の散策にもおすすめ!


住所:市原市浅井小向492-1

営業時間:9:00~18:00

TEL:0436-37-8891

2.道の駅 ふれあいパーク・きみつ

紅葉の時期が”関東一遅い”と言われているエリアにある道の駅「ふれあいパーク・きみつ」。

紅葉シーズンになると道の駅周辺の森林は鮮やかな紅葉色に染まり、訪れる人々を魅了します。

お土産には君水の名水でつくられた地酒や、殻が青いアローカナという珍しい品種の卵がおすすめです。


住所:君津市笹字椿1766-3

営業時間:9:00〜18:00(4〜9月)

     9:00〜17:00(10〜3月)

TEL:0439-39-3939

3.道の駅 木更津うまくたの里

東京湾アクアラインを通って最初に迎えてくれる道の駅「木更津 うまくたの里」は、約2,000点の商品を展開する体験型テーマパークです。

県内で人気の「のうえんカフェ」と「せんねんの木」がプロデュースした「&TREE」にも注目。日本初のハイブリットスイーツ「フレンチブリュレバウム」は、ぜひ食べていただきたい一品です。


住所:木更津市下郡1369-1

営業時間:9:00~17:00

TEL:0438-53-7155

<九十九里エリアにある道の駅>

1.道の駅 ながら

県内有数のたけのこ産地、長柄町にある「ながら」。

たけのこをはじめ朝採れ新鮮野菜の販売はもちろん、例年4月になるとたけのこ祭りが開催されるなど、たけのこ好きにはたまらない道の駅です。


住所:長柄町六地蔵138-1

営業時間:9:30~17:00

TEL:0475-35-4741

2.道の駅 オライはすぬま

九十九里浜にある人気スポット、蓮沼海浜公園近くにある「オハイはすぬま」は、夏になるとたくさんの人で賑わう人気の道の駅。

物産館には、特産品である「海水ネギ」や赤いセロリのような「ルバーブ」、「アイスプラント」など珍しい野菜も多く見られ、鮮度の良い「生のモツ」や郷土料理「アジのなめろう」など興味深いグルメも提供されています。

レストランで提供される「いわし丼」は、大人気の逸品!


住所:山武市蓮沼ハの4826

営業時間:9:00~18:00

TEL:0475-80-5020

3.道の駅 季楽里(きらり)あさひ

実は全国4位の養豚県でもある千葉県で、最も豚肉を産出している旭市にあるのが「季楽里あさひ」。

千葉県産銘柄豚「マーガレットポーク」をはじめ、自慢の畜産品を使用した様々な加工品を購入できます。

本場のマエストロが作るイタリアンジェラートや「あさピー焼き」など、リピーターが多いスイーツもおすすめです。


住所:旭市イの5238

営業時間:9:00~18:00

TEL:0479-62-0888

4.道の駅 みのりの郷東金(とうがね)

県下最大級の緑花木市場を誇る「みのりの郷東金」。

梨、ぶどう、シャインマスカットなどのフルーツを目当てにしている方も多く、ひんやりスイーツやジェラート味わえる「みのりキッチン」も人気です。

季節限定でいちご狩りもできます。高設栽培で通路が広いので、ベビーカーや車椅子の方でも楽しめます。


住所:東金市田間1300-3

営業時間:9:00~18:00

TEL:0475-53-3615

5.道の駅 むつざわつどいの郷

健康的で地域に根ざした特産品を取り揃えた「むつざわ つどいの郷」。

「つどいの市場」には睦沢町産のお米をはじめ、生産者が育てた新鮮野菜やカラフルなお花など、自慢の品々が並んでいます。

道の駅内にある「むつざわ温泉つどいの湯」の露天風呂を目当てに訪れる方も多く、移動の疲れをリフレッシュするのに最適です。


住所:睦沢町森2-1

営業時間:9:00~18:00

TEL:0475-36-7400

Column

海の駅九十九里

九十九里の特産品をはじめ、地元野菜や千葉土産が揃う「海の駅九十九里」には、新鮮な海の幸が味わえるフードコートや、直売コーナーがあり、新鮮な海鮮グルメを満喫できるのが魅力です。

九十九里町といわしの文化が学べる「いわし資料館」や、日本唯一の「青いポスト」なども見どころです。


住所:九十九里町小関2347-98

営業時間:9:00~18:00

TEL:0475-76-1734

海の駅九十九里

<東葛飾・北総・ベイエリアにある道の駅>

1.道の駅 しょうなん

2021年12月にリニューアルした、手賀沼を間近に望む「しょうなん」。

新設棟である地産地消マルシェ「てんと」では、市内全域150以上の農家さんたちが作った農作物がずらりと立ち並び、加工品・雑貨なども豊富。

季節に合わせたイベントも多数開催されていることも人気の理由のひとつです。


住所:柏市箕輪新田59-2

営業時間:9:00〜18:00

TEL:04-7190-1131

2.道の駅 やちよ

農業交流センターを含み、農業交流体験もできる「やちよ」。

道の駅で、牛の乳絞りや子牛へのミルクやりといった酪農体験もできます。

落花生やさつまいもなどの収穫体験もできるので、おでかけ前に体験をチェックして行くのがおすすめ。酪農家が作った絶品アイスを味わえる「プチシャンテリー」もお見逃しなく。


住所:八千代市米本4905-1

営業時間:9:00〜19:00

TEL:047-488-6711

3.道の駅 多古(たこ)あじさい館

のどかな川に面し、遊歩道では美しい花たちを見ることができる「多古あじさい館」。

のんびりとした田園風景や産直の特産物が味わえることはもちろん、春は菜の花や桜、初夏はあじさい、秋はコスモスが咲き誇る遊歩道も魅力のひとつです。

地元の名産「多古米」を食べるなら、「キッチンTAKO」がおすすめ!「多古米おにぎり定食」で、多古米の美味さを存分に堪能してください。


住所:多古町多古1069-1

営業時間:9:00〜19:00

TEL:0479-79-3456

4.道の駅 くりもと紅小町の郷

「道の駅くりもと」といえば…サツマイモ。おすすめは、見た目が鮮やかな紅色をしてる「紅小町」。

そのホクホクとした食感と、筋っぽさが少ないことから、焼き芋にするのに最適です。

また園内では、ザリガニ釣り、ニジマス釣りといった体験や、ブルーベリーなどの収穫体験も楽しめます。


住所:香取市沢1372-1

営業時間:9:00~18:00

TEL:0478-70-5151

5.道の駅 水の郷さわら

「水の郷さわら」は、全国で初となる「道の駅」と「川の駅」が一体となった複合施設。

眼前に利根川が広がるロケーションで、食事やお買い物を満喫しましょう。

また、観光船による遊覧やレンタルボートに乗ることもできます。小江戸佐原や香取神宮と一緒に立ち寄るのがおすすめです。


住所:香取市佐原イ3981-2

営業時間:9:00~18:00

TEL:0478-50-1183

6.道の駅  風和里(ふわり)しばやま

県内有数の農業地帯・芝山町にある「風和里しばやま」。

直売所の品揃えは、青果・生鮮食品だけでも約2,000種類を超えるなど、圧倒的な数の多さで、地域の方にも愛されています。

お土産におすすめなのは、黒米(古代米)と千葉県産コシヒカリの米粉100%でつくった「古代米バウムクーヘン」。風和里しばやまの限定品で、真っ黒な色と、しっとりもちもちとした食感がくせになるおいしさです。


住所:芝山町小池2568

営業時間:9:00~18:00

TEL:0479-70-8877

7.道の駅 発酵の里こうざき

「発酵の里こうざき」は、全国初となる「発酵」をテーマとしたユニークな道の駅。

「発酵市場」には地元の特産物はもちろん、全国より取り揃えられた選りすぐりの発酵食品が並んでおり、発酵食品好きにはたまらないスペースです。

数ある商品の中でも、地元酒蔵が作った甘酒が特に人気を集めています。

レストランでいただける発酵料理の数々もオススメです。


住所:神崎町松崎855

営業時間:9:00~18:00

TEL:0478-70-1711

8.道の駅 いちかわ

「いちかわ」は千葉県の中で、最も都心に近い道の駅。

地元の特産品が購入できるショップはもちろん、世界各国から厳選したコーヒー豆を集めた珈琲焙煎処もあり、選んだ豆をお好みの炒り具合に焙煎してくれるので、全国の珈琲好きからも注目が集まっています。

また、都内で人気の本格イタリアンレストランも。外環自動車道・高速道路へのアクセスが良いので、ドライブのついでに立ち寄るのもおすすめです。


住所:市川市国分6-10-1

営業時間:9:00〜22:00

TEL:047-382-5211

まとめ

千葉県の「道の駅」特集はいかがでしたか?

個性豊かな道の駅が揃っているので、どこに行くか迷ってしまいそうですね。

南房総エリアでの「道の駅はしご旅」や「旅行中のちょっとした休憩」など、機会があれば気軽に利用してみてくださいね。


下記の特集ページに記載されているような、ドライブにおすすめのスポットと一緒に回るのもおすすめです。

Column

ドライブの目的地におすすめのスポット特集
ドライブの目的地におすすめのスポット特集

次に読みたい特集記事

千葉の潮干狩り2024
千葉の潮干狩り2024
https://maruchiba.jp/feature/detail_14.html
千葉の日帰り温泉33選!
スーパー銭湯やスパ、日帰りできる温泉旅館をご紹介
千葉の日帰り温泉33選!スーパー銭湯やスパ、日帰りできる温泉旅館をご紹介
https://maruchiba.jp/feature/detail_60.html
車で千葉を巡ろう!おすすめのドライブスポット20選!定番から穴場まで
車で千葉を巡ろう!おすすめのドライブスポット20選!定番から穴場まで
https://maruchiba.jp/feature/detail_104.html
雨の日でも楽しめる千葉のおでかけスポット21選!
雨の日でも楽しめる千葉のおでかけスポット21選!
https://maruchiba.jp/feature/detail_38.html
カップルで行きたい!千葉県のおすすめデートスポット27選!
カップルで行きたい!千葉県のおすすめデートスポット27選!
https://maruchiba.jp/feature/detail_100.html
子どもが喜ぶ千葉の公園25選!
アスレチックや大型遊具などが充実したスポットを厳選しました
子どもが喜ぶ千葉の公園25選!アスレチックや大型遊具などが充実したスポットを厳選しました
https://maruchiba.jp/feature/detail_72.html
絶景と歴史が詰まった鋸山!ロープウェーと登山の魅力を徹底解説します
絶景と歴史が詰まった鋸山!ロープウェーと登山の魅力を徹底解説します
https://maruchiba.jp/feature/detail_108.html
千葉のお土産といえばこれ!地元民がおススメするお土産28選
千葉のお土産といえばこれ!地元民がおススメするお土産28選
https://maruchiba.jp/feature/detail_103.html
京成バラ園の魅力を徹底解説!開花時期やアクセス情報も紹介しています
京成バラ園の魅力を徹底解説!開花時期やアクセス情報も紹介しています
https://maruchiba.jp/feature/detail_15.html
インスタ映え抜群!千葉でおすすめの絶景スポット特集20選!
インスタ映え抜群!千葉でおすすめの絶景スポット特集20選!
https://maruchiba.jp/feature/detail_74.html
ページトップへ