ホーム > 集めよう!千葉県の御城印(ごじょういん)! > 集めよう!千葉県の御城印(東葛飾エリア)

ここから本文です。

更新日:2022年10月20日

東葛飾エリア

我孫子市
 

 我孫子市

 中峠(なかびょう)城

中峠城御城印イメージ

 中峠城は利根川と手賀沼に挟まれた標高20mほどの湖北台地に築かれました。南北西の3 方向は急崖となっていて、東側のみが台地続きとなっています。別名「芝原城」ともいい、かつてこの地が芝原村という村だったことに因みます。
 周辺は開発によって崩されてしまったものの、現在は「古利根公園 自然観察の森」として一部が保存整備された公園になっていて、堀や土塁の痕跡が確認できます。
 東側の台地上に「下根古屋」、西側の台地の下から法岩院にかけて「上根古屋」という地名が残っています。この「根古屋」という地名が残ることから、中峠城が戦国期に使用されていたことが推察されています。
 『湖北村誌』によると、中峠城は千葉一族である河村氏の居城で、天文10年(1540年)に河村出羽守が古城を改修整備して「中峠城」と命名したとされています。詳細は不明ながらも、河村氏は主家の千葉氏を通して北条氏に属したと考えられ、同じく北条氏に属していた小金城(松戸市)の高城氏の支配下にあったとされています。天正19 年(1590 年)の小田原合戦で河村氏は小田原城に詰め、その留守中に中峠城が落ちたと伝わっています。
 上根古屋地区にある法岩院は河村氏の菩提寺とされ、江戸時代に造立された河村一族の墓がいまもなお残っています。

ご購入はこちら

ページの先頭へ戻る

 柏市

 幸谷(こうや)城

 幸谷城は「きつね山」と呼ばれる小丘に築かれ、城山の東側と南側には谷津がめぐっています。今も近くまで川が人り込んでいて、城が使われていた当時も手賀沼に流れる河川を利用して機能していたことが推測できます。 千葉一族相馬氏の居館ともいわれていましたが、近年は調査による出土物などにより、15世紀後半に築かれ16世紀まで使われていた可能性が指摘されています。食い違い虎口や複数に折れる土塁や堀から、 増尾城と同じように小金城主高城氏に関連する城と想定できます。 本土寺過去帳には、文明17年(1485年)の「コウ城」での戦闘行為による討ち死者の記録があり、「コウ城」が幸谷城を指している可能性があることからも、幸谷城の北方に位賀する増尾城との関連が推測でき、同時に機能していた両城の姿が浮かび上がります。

ご購入はこちら

ページの先頭へ戻る

 松ヶ崎(まつがさき)城

 松ヶ崎城は手賀沼の最西端の台地上に築かれ、かつては城内から手賀沼(香取の海)を臨むことができたと思われます。松ヶ崎城が築かれた台地は、大堀川と地金堀が分岐する箇所に当たり、さらに手賀沼の北側には古東海道が通っていたとされ、まさに水陸の要衝地といえます。
 土塁や堀で囲まれた方形の城館跡が良好に残りますが、文献などの記録はなく詳細は不明です。しかし、調査により、曲輪、土塁、空堀、虎口、土橋、物見台などが検出されていて、土器や陶器などの遺物からも15世紀後半から16世紀前半にかけての築城とみられています。市内の増尾城、幸谷城同様に小金城主高城氏に関連する城郭の可能性が推察されていますが、城内からは建物跡が見つかっておらず、 臨時的な用途も指摘されています。
 柏市指定文化財(史跡)に平成16年7月に指定され、所有者の理解のもと、市民による植樹等の整備が進められています。

ご購入はこちら

ページの先頭へ戻る

 増尾(ますお)城

 増尾城は増尾集落から北東に突き出した半島状の台地の上に築かれました。南側崖下には手賀沼に流れ込む大津川の支流が流れ、城山のまわりは谷と険しい崖に囲まれ、天然の要害となっています。
 築城時期や築城主は不明ですが、土塁や空堀からなる塁壁に複数の横矢が掛けられていることなどから戦国期の城とみられています。増尾城が小金領にあることからも、16世紀に築かれた小金城と関連する城と推測されており、東葛飾郡誌には小金城主高城氏の家臣平川若狭守が城主だったと書かれています。
 周辺には大津川に沿って、幸谷城、戸張城、佐津間城などの中世城館が築かれていて、これらの城とともに手賀沼へと続く水上交通の要衝だったことが想像できます。近世に遡ることができる街道も城 下で交差しており、陸上交通の要衝であったこともうかがえます。

ご購入はこちら

ページの先頭へ戻る

 流山市

 花輪(はなわ)城

 花輪城は江戸川に沿って南に突き出る台地先端に位置します。この台地の周辺は古くは低湿地帯だったと思われ、花輪城は水運の大動脈である旧利根川水系の太日川(現江戸川)と低湿地帯を臨む好立地に位置していたといえます。現在は主要地方道松戸野田線が城域を縦断していて、遺構の大部分は破壊されてしまっていますが、 花輪城址公園として先端部が整備されており、空堀、土橋、土塁などの遺構を今でも確認できます。
 発掘調査によると、深さ3mの空堀と土橋が見つかっており、土橋によって城内の曲輪を繋いでいたと思われ、 少なくとも二つ以上の曲輪が連続する連郭式城郭であったことが分かっています。 さらに空堀は小規模ながら障子堀になっていたことが確認されており、 城郭として利用されていた頃の姿が発掘調査により浮かんできます。
 花輪城は築城年代などは不明ですが、戦国期には根木内城や小金城を本拠とする高城氏の支城として使われたと思われ、 高城氏に関係する田島氏や平本氏の名が伝わりますが詳細は定かではありません。高城氏が属した北条氏が滅びると花輪城は役目を終えたと考えられます。

ご購入はこちら

ページの先頭へ戻る

 前ヶ崎(まえがさき)城

 前ヶ崎城は富士川右岸に沿って北に突き出した標高20m前後の台地の上に築かれました。現在は突端の主郭が前ケ崎城址公園として整備されており、土塁や空堀、櫓台を確認することができます。
築城の経緯などは不明ですが、本土寺過去帳には「前崎落城打死」の記事があり、前ヶ崎城にて戦闘が行われたことが分かります。ここで討ち死にを遂げたのは、太田六郎と戸張彦次郎と記され、この二人は扇谷上杉氏の家宰太田道灌の将と思われます。
 文明10年(1478年)に道灌が国府台城に陣を構え、長尾景春に与した千菓孝胤(のりたね)の軍と境根原合戦で戦いますが、その前哨戦として前述の本土寺過去帳に記されたように前ヶ崎城で戦闘があったと推測できます。
 その後も城の経緯詳細等は不明ですが、「刑部郭」という地名が残ることから、高城氏の属将、田島刑部少輔が前ヶ崎城の城主でだったのではないかなどいくつかの説が伝っています。千葉氏の一族である高城氏は下総国で勢力を拡大、千葉氏の内訌を経てその後は北条氏に属し、根木内城、小金城と本拠地を拡大していきました。 前ヶ崎城はそれらの支城として機能したと思われます。

ご購入はこちら

ページの先頭へ戻る

 野田市

 関宿(せきやど)城

 関宿は、関東平野の中心に位置し、多くの川が交差する要衝として古くから栄えてきました。関宿城は、長禄元年(1457)、古河公方、足利氏の有力家臣であった簗田氏により築かれたと伝えられています。以来、簗田氏の居城となった関宿城をめぐって、上杉氏、武田氏、北条氏など戦国の雄が争いを繰り広げてきました。
 北条氏康は「関宿を手に入れるのは、一国を取ることと同じ」とも記しています。
その後、江戸時代になると、徳川家康の弟である松平康元が初代関宿藩主となりました。関宿は江戸を守る重要な場所として関所が置かれ、歴代の城主のなかには幕府の重職を担った者も多かったことから「出世城」とも呼ばれました。
 実際の天守閣は関宿城博物館から江戸川堤防沿いに500mほど下流に向かった位置にありましたが、明治の初めに取り壊され、現在は本丸の一部に建つ「関宿城趾」の石碑に、当時を偲ぶことができます。

ご購入はこちら
  •  関宿城博物館友の会売店:野田市関宿三軒家143-4

ページの先頭へ戻る

 松戸市

 小金(こがね)城

 小金城は、南から北に伸びる上総台地が西の江戸川方面へ突出した地区に築かれました。湿地帯に囲まれた天然の要害である大地全体を城郭化し、周囲に根木内城、前ヶ崎城などの支城を配置したと思われます。

 千葉市の本佐倉城(酒々井町)、原氏の臼井城(佐倉市)に次ぐ規模を誇る小金城は、根木内城が手狭になった高城氏によって築かれたとの伝承もあります。しかし実際には原氏が「金(こがね)領」支配の拠点として使ったものを高城氏から引き継いだと考えられます。

 同じ台地上には城が築かれる前から「小金宿」が存在し、領の名前にも「金」が使われていることから宿の重要性が分かります。

 小金城周辺は様々な勢力がぶつかる境界地帯であった時期もあり、領内はたびたび戦火にさらされたと考えられます。その中で高城氏は後北条氏に属しますが、豊臣秀吉による小田原攻めの際には小金城での戦闘行為の有無は不明ながらも、後北条氏の敗北により、城としての役目を終えたと思われます。

ご購入はこちら

ページの先頭へ戻る

 根木内(ねぎうち)城

 

 根木内城は富士川の合流地点に突き出た台地の上に築かれました。築城年代等の詳細は定かではありませんが、高城氏の主筋である原氏が支配した「金(こがね)領」の拠点として機能していたと思われ、その後、高城氏がその支配領域を引き継いだものと考えられています。
 城の周囲には湿地が広がり、自然の要害であったことが推測できますが、現在は国道6号線が城内を貫き、さらに宅地開発により西側半分は破壊されてしまいました。しかし、根木内歴史公園内には、空堀や土塁が良好に残り、当時の城の姿を偲ぶことができます。
 根木内城の周辺には、谷津を挟んで築かれた行人台城や下流の前ヶ崎城、名都借城などの城が築かれ、この地域が戦乱の渦中にあったことを窺い知ることができます。
 古河公方と小弓公方が対立するようになると、それぞれの勢力がこれらの城をめぐり、合戦を繰り広げました。高城氏は、そのような状況下で根木内城から小金城に本拠を移した可能性があります。根木内城はその後も高城氏の支城として使われたと思われます。

ご購入はこちら

ページの先頭へ戻る