ホーム > ちばの牡丹(ぼたん)2021

ここから本文です。

更新日:2021年3月25日

ちばの牡丹(ぼたん)2021

すぐにわかる千葉の魅力

艶やかに人々を魅了する牡丹(ぼたん)の花を、ちばの庭で愛でる

ぼたんを楽しめるスポットはこちら
・飯高寺(飯高檀林跡)
・茂原市/茂原牡丹園

見頃は、天候・気候によって異なります。
また入場料・入園料等が必な施設がございます。

 匝瑳市/飯高寺(飯高檀林跡)

 飯高寺講堂の裏庭(約350平方メートル)には、500株を超える牡丹が植えられており、毎年5月になると牡丹が色鮮やかな花を咲かせます。講堂脇には、徳川家康の側室お万の方お手植えとされる楓があります。

  • 見 頃:4月下旬~5月上旬
  • 場 所:匝瑳市飯高1789

 茂原市/茂原牡丹園

 茂原牡丹園は、上総の民家の山里を背景に牡丹をあしらった素朴で自然な庭園を演出しています。園内の母屋は享保15年(1730)、長屋門は天保12年(1841)の建造によるもので、国の登録有形文化財にも指定されています。牡丹の収集と栽培は昭和54年からはじまり、現在では5,000平方メートルの圃場に牡丹250種2,500株を養成し、品種の保存と改良に努めています。
 また、同じ季節に開花するハンカチノキや西洋の王花といわれる西洋シャクナゲ、ツツジ、シャクヤクも栽培しており、春の花を充分に楽しむことができます。
  • 開 園:4月下旬~5月上旬
  • 場 所:茂原市山崎210
  • 入園料がかかります。