ホーム > すぐにわかる千葉の魅力 > まるごとe!ちば > 千葉県のこだわりのパン屋さん

ここから本文です。

更新日:2016年10月31日

千葉県のこだわりのパン屋さん

通いたくなる、こだわりのパン屋さん

毎日食べたい普段着のパン、わざわざ買いに行きたいこだわりのパン。
千葉県には「パン好きの聖地」として知られる超有名店をはじめ、人気のパン屋さんがたくさんあります。鼻をくすぐる甘い香り、目移りしてしまう様々なパンたち。選ぶ楽しさ、食べる時のわくわく感・・・慌ただしい日常の中で、ゆったりとパンを頂く贅沢な時間のお供を探しに、さぁ出かけましょうか。

千葉県No.1ベーカリーの呼び声高い「Backstube Zopf パン焼き小屋ツオップ」

毎日300種以上を焼き上げるパンの美味しそうな表情、いきいきと働くスタッフの笑顔…、入口の扉を開いた瞬間から感じる“楽しさ”は、「Zopf」の魅力が単に味のみに留まらないことを実感させてくれます。パンは吟味された酵母で仕込み、その上で味や香りを追求していき、さらにライ麦系のパンならばその酸味を活かしてコクのある料理に合うように仕立てるなど「TPOにあったパンを揃える」という伊原シェフのこだわりがうかがえます。2Fには欧州の家庭料理を中心に、パンが美味しく食べられる料理を提供するカフェレストラン「Ruheplatz Zopf」も併設。

【Backstube Zopf / パン焼き小屋ツオップ】
住所:松戸市小金原2-14-3
電話:047-343-3003
営業時間:6時30分~18時00分
定休日:無休(夏期・冬期休業あり)
ホームページ:http://zopf.jp/(外部サイトへリンク)

可愛らしい店舗に豊富な種類のパンが所狭しと並ぶ「Boulangerie Queue」

東葉高速線 船橋日大前駅のほど近く、整備された美しい住宅街の一角に建つ木目調の外観が印象的な可愛らしいたたずまいのパン屋さん「Boulangerie Queue」。「豊富なパンから好きなものを選んで欲しい。どんな人にとっても“お気に入り”のパンがみつかる場所でありたい」という想いから、大人7人程で満員状態になる小さな店舗には、食パンやデニッシュのほか、バゲットやライ麦パン、サンドウィッチなど、多彩な焼きたてパンが所狭しと並んでいます。小麦粉は国産とフランス産の10種類程度を、パンの種類によって配合を変えて使用。具材も出来る限り、地産地消にこだわっています。

【Boulangerie Queue / ブーランジェリー クー】
住所:船橋市坪井東2-14-27
電話:047-497-8340
営業時間:7時00分~18時00分(売り切れ次第終了)
定休日:毎週水曜日(月に一度、不定期で火曜日休業)

数種の自家製天然酵母によるパンは風味豊かでやさしい味わい「Boulangerie tane」

「Boulangerie tane」のオーナー・内田夫妻は、6年間の沖縄暮らしで出会った天然酵母のパンに感動してパン作りを開始。まろやかな甘味が特徴の「レーズン」、小麦と水から起こした「ルヴァンリキッド」、甘酒から起こしてふくよかな甘味と香りがある「酒種」の3種類の酵母と、10種類の国産小麦粉をパンの種類によって使い分けています。天然酵母だけで発酵させた、噛みごたえのある「taneクロワッサン」や卵・牛乳・バター・砂糖が不使用の「tane食パン」のほか、季節限定のパンも楽しみ!

【Boulangerie tane / ブーランジェリー タネ】
住所:成田市飯仲14-3-103
電話:0476-37-6099
営業時間:11時00分~18時30分(売り切れ次第終了)
定休日:毎週日曜日、月曜日(夏季・冬季休暇あり)
ホームページ:http://tane-tane.com/(外部サイトへリンク)

フランス人が、フランスの食文化を伝える「ボー・スィエル」

「フランス人がフランスで食べている味を日本へ」という想いのもと、生地内に自然に存在する酵母の力で26時間発酵させたのちに焼き上げるフランス産小麦粉のパンをはじめ、日替わりのスペシャルパン、菓子パン、惣菜パン、ケーキ、ソーセージ、テリーヌ、ハム、ジャムなど、ジャンルにとらわれない様々な種類の商品が並べられています。フランス大使館関係者が利用することで有名な「ナショナル麻布スーパーマーケット」が同店のパンを取り扱っていることからも、その実力が伺えます。ボー・スィエルとは仏語で「美しい空」。地名の“みそら”から名付けられた店名からもわかる通り、地元を大切にするデリニオンさんが、フランスの食文化を今日も伝え続けています。

【ボー・スィエル】
住所:四街道市もねの里6-16-3
電話:0120-141-845
営業時間:9時00分~19時00分(売り切れ次第終了)
定休日:毎週日曜日、祝日

噛むほどに深い味わいを感じる、こだわりの自家製パンが人気「かさりんご」

国道から少し離れた、閑静な住宅地に建つ「かさりんご」は、イタリア語で「家庭的な」「手作りの」という意味を持つその名前の通り、店主の柏さんが自ら手作りした、こだわりのパンを提供している小さなパン屋さん。生地は農家から直送する国産小麦「きぬの波」を店の石臼でゆっくりと自家製粉した全粒粉と、レーズンのエキスから起こした自家製の酵母を混ぜ合わせて発酵させたものに小麦粉・三温糖・沖縄の塩を加えます。焼き上がりのパンは、植物のたまごと言われるほどに栄養価が高い「小麦胚芽」が存在感を示し、噛めば噛むほど深い味わいが感じられます。

【かさりんご】
住所:君津市内箕輪1-16-9
電話:0439-72-1169
営業時間:8時00分~18時00分(売り切れ次第終了)
定休日:毎週日曜日、毎月第3土曜日
ホームページ:http://jam12.net/casalingo/(外部サイトへリンク)