ここから本文です。

正文寺

史跡は、正木家のお墓が主です。正文寺は安元元年(1175年)~養和元年(1181年)の頃、この地の豪族・直内原吉が禅寺を開きました。その後室町時代の元亀2年(1571年)に勝浦城主・正木頼忠が日蓮宗の寺として再興し正木時忠の菩提寺として正木時忠の法号「威武院殿正文日出居士」に基づき威武山正文寺となりました。南房総市の文化財に指定されています。

基本情報

施設名

市指定史跡・正文寺

所在地

千葉県 南房総市 和田町沖三原270

施設オプション

トイレ設備あり

周辺には、磯料理の宿沖見屋、海水浴場、浜千鳥の歌碑、花畑などがあります。

交通アクセス

車で行く

館山自動車道、君津インターから房総スカイライン・鴨川有料道路経由で、約60分

その他の情報

お問い合わせ

名称

正文寺

電話番号

0470-47-3728

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。