ホーム > 観光情報検索 > 高家神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

高家神社

たかべじんじゃ

日本で唯一料理の神様を祭る高家神社は、安房の朝夷郷に鎮座する式内社四座の一社です。祭神は、磐鹿六雁命・天照皇大神・稻荷大神を祀っています。JR内房線千倉駅の南1.5kmの海を見下ろす小高い山裾にあります。敷地346坪の境内には本殿(萱葺神明造)、幣殿(亜鉛板葺)、拝殿・鞘殿(萱葺八幡造)、社務所(瓦葺)が建ち並びます。創立は元和6年(1620年)8月に高木吉右ヱ門が一体の木像と二面の古鏡を高家宮大宮畑で発掘しました。

基本情報

施設名

高家神社

所在地

千葉県 南房総市 千倉町南朝夷164

営業時間

境内見学自由 午前8時~午後5時

定休日/休業日

無休

駐車場

あり   【普通車台数】約10台 

施設オプション

トイレ設備あり

行事には、庖丁儀式(10月・11月)、春の例大祭(5月17日)、庖丁供養祭(毎月17日)があります。境内の拝殿の左右に、庖丁塚があります。参道には、季節になると桜(約20本)やツツジが咲き乱れます。三十段の石段を昇り振り返ると、南房総市千倉町の町並みと雄大な太平洋が望めます。

交通アクセス

車で行く

東京湾アクアライン~館山自動車道~富津館山道路・富浦IC~国道127号線-館山市~千倉方面へ約15km

電車で行く

JR内房線千倉駅から徒歩約30分

バスで行く

JR内房線千倉駅からバス白浜行き「高家神社入口」下車徒歩約5分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

高家神社(たかべじんじゃ)

電話番号

0470-44-5625

この情報は2017年2月1日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する