ホーム > 観光情報検索 > みりん干し・胡麻漬

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

みりん干し・胡麻漬

みりんぼし・ごまづけ

みりん干し・胡麻漬は、みりん干は古く大正時代末期(1921年~)から始められました。太平洋近海で獲れる新鮮な形の良いいわしを厳選し、頭、わた、中骨をとり、独特の味付けをしたみりん漬け、数尾づつ重ね一枚にして房総の太陽で干して作られます。「いわしの胡麻漬」は九十九里の近海で獲れる新鮮な片口いわしを原料として迅速に加工製品化されます。年の暮れから正月が最盛期です。

基本情報

施設名

九十九里水産加工業協同組合

所在地

千葉県 山武郡九十九里町 小関2347

周辺には、片貝漁港、智恵子抄詩碑などがあります。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

九十九里水産加工業協同組合(くじゅうくりすいさんかこうぎょうきょうどうくみあい)

電話番号

0475-76-2151

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する