ホーム > 観光情報検索 > 稲葉山神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

稲葉山神社

いなばやまじんじゃ

稲葉山神社は、敷地5,400坪の境内には本殿(銅板葺権現造)、幣殿(亜鉛板葺権現造)、拝殿(亜鉛板葺権現造)、社務所、神楽殿(亜鉛板葺)が建ち並びます。お山の浅間様の名で呼ばれていました。景行天皇の御代に日本武尊が東夷征伐の折、富士浅間社より勧請しました。社名を富士浅間社と称したが、明治維新後は、鎮座地の地名をもって現在の神社名となのました。大正4年(1015年)~5年(1016年)にかけて、熊野神社・稲生神社・琴平神社を合祀しました。

基本情報

施設名

稲葉山神社

所在地

千葉県 香取市 長岡799

定休日/休業日

無休

施設オプション

トイレ設備あり

老木が多く、原生林が茂っています。本殿は、香取市指定有形文化財です。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

香取市生涯学習課 (かとりししょうがいがくしゅうか)

電話番号

0478-50-1224

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する