ホーム > 観光情報検索 > 香取市/阿玉台貝塚(国指定史跡)

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

香取市/阿玉台貝塚(国指定史跡)

あたまだいかいづか

阿玉台貝塚は、黒部川に面した丘陵斜面の3ヶ所にわたって分布している貝塚です。国の史跡に指定されています。明治27年(1894年)以来 数次に渡る発掘調査によって縄文時代中期の土器をはじめ多くの土器、石器、貝輪等が出土しました。この貝塚から発見された土器は縄文時代中期前半の代表的なもので、出土地名から「阿玉台式土器」と呼ばれており関東地方における縄文土器編年の標式遺跡となっています。昭和43年(1968年)に国の史跡に指定されました。

おすすめポイント

【梅】
昭和43年に国の史跡に指定され、約30種600本の梅が植えられ、見事な紅白の花が咲きほこります。また、木敷道やウッドチップで整備された散策路周辺には、縄文時代中期前半の阿玉台式土器が出土された貝塚や石碑などがあります。

基本情報

施設名

阿玉台貝塚(国指定史跡)

所在地

千葉県 香取市 阿玉台1108

阿玉台貝塚へは、JR成田線小見川駅からタクシーで10分周辺には、良文貝塚があります。

交通アクセス

車で行く

東関東自動車道佐原香取ICから30分

電車で行く

JR成田線小見川駅からタクシー10分

その他の情報

見ごろ・シーズン

2月、3月

【梅】2月中旬~3月上旬

お問い合わせ

名称(ひらがな)

香取市商工観光課(かとりししょうこうかんこうか)

電話番号

0478(50)1212

この情報は2022年1月24日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する