ホーム > 観光情報検索 > 栄福寺薬師堂

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

栄福寺薬師堂

えいふくじやくしどう

栄福寺の薬師堂は、屋根は茅葺き寄せ棟造りの正面側面共に三間の単相の堂です。正面階段部分の向拝は、江戸時代中期に設けられたものです。正面には桟唐戸が備えられ、側面の前一間は舞良戸、中の間は板戸、その他は縦板塀となっています。外陣は、鏡天井に極彩色で天女図を描き、内陣は金箔を貼った来迎柱を立て、その前に極彩色で飾った須弥壇が設けられています。栄福寺は、聖武天皇の天平年間(729年~748年)の開墓といわれています。文明4年(1472年)に建立されました。建立年代の明確なものでは県下最古の建造物です。
昭和29年(1954年)9月17日に国の有形文化財に指定されました。

基本情報

施設名

栄福寺薬師堂

所在地

千葉県 印西市 角田2

交通アクセス

その他

北総線印旛日本医大駅から徒歩40分、同駅からタクシーで10分

その他の情報

文化財

国宝

お問い合わせ

名称(ひらがな)

印西市生涯学習課(いんざいししょうがいがくしゅうか)

電話番号

0476-42-5111

ホームページ

印西市公式ホームページ(外部サイトへリンク)

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する