ホーム > 観光情報検索 > 御菓子司 津知家

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

御菓子司 津知家

おかしつかさつちや

最中十万石は、昭和50年(1975年)に上総大多喜城の本丸跡に千葉県立総南博物館が城閣様式で建設され、開館に合わせて大正8年(1019年)に創業の御菓子司「津知家」の家伝の製法をとり入れた「最中十万石」を製造しました。十勝産の小豆を使用したつぶあんで国産のもち米を原料に大多喜城主であった本多家の家紋である「立ち葵」と元禄16年(1703年)入城し廃藩となった松平家の「三つ扇」を最中の皮に配しています。皮からはみ出すほどのあんがたっぷり入った最中です。

おすすめポイント

北海道産の良質な小豆を使用した上質なつぶあん。厳選された国産のもち米を原料に、丁寧に焼き上げた最中種、一流の素材が出会い、本多家十万石の名にふさわしい最高級の最中ができました。

基本情報

施設名

御菓子司津知家

所在地

〒298-0214 千葉県 大多喜町 新丁83

営業時間

8時30分から18時

定休日/休業日

水曜日

駐車場

あり  

〈商品・価格〉
・上総大多喜城最中十万石 6個入 税込 980円
・  〃         10個入   1,600円
・  〃         12個入   1,910円

交通アクセス

車で行く

いすみ鉄道大多喜駅から5分

電車で行く

JR大原駅からいすみ鉄道に乗り換え
大多喜駅下車徒歩10分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

御菓子司津知家(おかしつかさつちや)

電話番号

0470-82-2255

この情報は2018年5月28日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する