ホーム > 観光情報検索 > 実相寺 鈴木貫太郎 墓地

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

実相寺 鈴木貫太郎 墓地

鈴木貫太郎は、慶応3年(1867年)12月関宿藩士鈴木由哲の長男として、和泉国関宿藩飛地(現堺市)で生まれました。関宿久世小学校、群馬中学校を経て海軍兵学校に入り、海軍軍人として日清・日露戦争に参加しました。海軍大将・軍令部長で海軍でのキャリアを終え、昭和4年(1929年)に侍従長となりますが、同11年、二・二六事件で襲撃を受けます。同20年4月、内閣総理大臣となり8月のポツダム宣言受諾による終戦を実現します。戦後は故郷の関宿に隠居し、同23年4月逝去しました。墓地は実相寺にあります。

基本情報

施設名

野田市関宿町1273

所在地

千葉県 野田市

旧関宿町(現野田市)に隠居してから、酪農の奨励に努めていました。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称

野田市社会教育課

電話番号

04-7125-1111

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する