ホーム > 観光情報検索 > 渡海神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

渡海神社

とかいじんじゃ

渡海神社は、和銅2年(709年)に外川浦の日和山(今の外川町1丁目大杉神社境内)に創祀しました。祭神は、猿田彦命・綿津見大神を祀っています。下総一の高地愛宕山を背景に、東遷する人々の最後の陸地として安住の地を与えてくれます。また、四方に散る人々の道案内の役目を果たした御神徳から後世に猿田彦命を相殿に祀りました。津波のため貞元(しょうげん)元年(976年)に高神の地に移されています。

基本情報

施設名

渡海神社

所在地

千葉県 銚子市 高神西町2

定休日/休業日

無休

施設オプション

トイレ設備あり

極相林とは、陽樹(松や楢など)と陰樹(シイ、カシ、ツバ等)とが共生している林をいいます。社前から屏風ヶ浦が望めます。

交通アクセス

車で行く

東関東自動車道、佐原香取ICから国道356号線で約1時間

電車で行く

銚子電鉄犬吠駅から徒歩25分

その他の情報

文化財

県指定史跡・旧跡・名勝

渡海神社の極相林:千葉県天然記念物

お問い合わせ

名称(ひらがな)

銚子市観光商工課(ちょうししかんこうしょうこうか)

電話番号

0479-24-8707

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する