ホーム > 観光情報検索 > 旭市/熊野神社 周辺地域で最も古いといわれる熊野神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

旭市/熊野神社 周辺地域で最も古いといわれる熊野神社

くまのじんじゃ

熊野神社は、通称権現様と呼ばれ地域の人々に親しまれています。

広い敷地(1,777坪)をもつ境内には、本殿(銅板葺流造)、幣殿(銅板葺流造)、拝殿(銅板葺千鳥破風造)、社務所(瓦葺寄棟造)、神輿庫(銅板葺)、神饌所・神楽殿が建ち並びます。
大同元年(806年)に東国開発の守護神として、紀の国(和歌山県)に鎮座される熊野の大神の分霊が三川浦熊野堆(現旭市三川)に祀られ、その150年後、三川村の長、我留前氏(小林家の先祖)へ神のお告げがあり、現在の清和乙に勧請された神社です。

おすすめポイント

【神楽】
周辺地域で最も古いといわれる熊野神社神楽は、天下泰平、氏子安隠、五穀豊穣を祈願し、毎年春分の日に奉納されます。
当時、社家によって奉納されていたが、その後氏子の青年達によって行われるようになりました。
神楽殿の前面庭上に斎場を設け、玉垣で囲み、正面に大榊と四隅に4神(玄武・青竜・朱雀・白虎)の置物を飾ります。「猿田彦」から始まり、「七五三切り」からなる全十三座の他、稚児舞などが演じられます。最後に、番外として拝殿で奉納される「ヒョウジョウ返し」は、神様に神楽をお返しする舞だといわれ、当神楽だけに伝承されています。 
昭和55年、「千葉県無形民俗文化財」に指定されました。
・開催日時:2020年3月20日(金・祝)12時00分~16時00分

基本情報

施設名

熊野神社

所在地

〒289-0501 千葉県 旭市 旭市清和乙714

定休日/休業日

無休

施設オプション

トイレ設備あり

境内には、縁結びの女男石、入口の大杉(旭市の文化財)があります。
神楽は千葉県の指定無形民俗文化財です。

交通アクセス

車で行く

千葉東金道路から銚子連絡道を経由し、終点横芝光ICから約35分

バスで行く

JR総武本線旭駅から千葉交通バス小見川駅行き「松沢坂上」下車徒歩3分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

旭市生涯学習課(あさひししょうがいがくしゅうか)

電話番号

0479-55-5728

ホームページ

旭市ホームページ(外部サイトへリンク)

この情報は2020年3月4日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する