ホーム > 観光情報検索 > 岩沼の獅子舞/長生村

ここから本文です。

岩沼の獅子舞/長生村

いわぬまのししまい/ちょうせいむら

岩沼の獅子舞は、元和7年(1621年)から催されたという由緒深い歴史を持っております。
氏子の安全、五穀豊穣、悪疫退散を祈願し、皇産霊(むすび)神社の祭礼に合わせて、奉納されます。
踊りをするときに身につける衣装が、美しく目をひく伝統芸能です。

昔、皇産靈神社で神輿の渡御がありましたが祭りで怪我人が出たので神輿を埋め獅子舞を奉納しました。
踊りは代々受けついでいる家系・家元が行います。

昭和36年(1961年)6月9日に千葉県の無形文化財に指定されました。

おすすめポイント

大梯子の上で舞う「梯子獅子舞」です
千葉県無形文化財に登録されています。

例年、10月中旬に催されています。

基本情報

施設名

皇産靈神社

所在地

千葉県 長生郡長生村 長生郡岩沼1

交通アクセス

電車で行く

JR外房線八積駅から徒歩5分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

長生村生涯学習課(ちょうせいむらしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0475-32-5100

この情報は2021年7月28日現在の情報となります。