• おもてなしトイレ
  • 旅の便利情報
  • 法人・団体向け

詳細検索

旅の計画を作って伝える マイ旅プラン

ここから本文です。

ホーム > 観光情報検索 > 船橋市/水神祭 江戸時代から続くとされる行事

船橋市/水神祭 江戸時代から続くとされる行事

ふなばしし/すいじんさい えどじだいからつづくとされるぎょうじ

冬の漁が終わり、この日から春の漁が始まる節目として重要な意味を持ち、江戸時代から続くとされる年中行事です。
接岸された漁船の上で、神事、「船橋大神宮の神楽」(市指定無形民俗文化財)、餅まきが行われます。その後、大漁旗を掲げた漁船が大漁と五穀豊穣を祈願するため、沖合いへ向かい、神前に奉納した五穀(米・麦・粟・ひえ・大豆)の種まきを行います。

施設名

船橋漁港

所在地

千葉県 船橋市 湊町3丁目

交通アクセス

電車で行く

京成線大神宮下駅から徒歩約13分

お問合せ先

名称(ひらがな)

船橋市教育委員会文化課 (ふなばししきょういくいいんかいぶんかか)

電話番号

047(436)2887

ホームページ

船橋市漁業協同組合(外部サイトへリンク)

この情報は2021年3月23日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます