ホーム > 観光情報検索 > 安房高野山妙音院/館山市

ここから本文です。

安房高野山妙音院/館山市

あわこうやさんみょうおんいんたてやまし

鎌倉時代に源頼朝公の第三男の僧侶・貞暁(じょうきょう)により紀州高野山一心院谷に開基されました。
天正七年(1579)里見義頼公の命により、紀州高野山の安房別院として、高野山より僧侶を呼び寄せ建立された、房総半島唯一の高野山真言宗寺院です。
本堂には、高野山奥の院の千年消えずの不滅聖燈が現在も24時間法灯を灯し続けています。
毎年5月に行われる火渡りは、不滅聖燈を用いて行われます。
本堂は関東大震災と第二次世界大戦時の空襲によって2度焼失しましたが、多くの檀信徒の寄付により、2012年に89年ぶりに再建されました。
緑豊かな境内には野鳥の声が響き、秋のイチョウの紅葉は素晴らしく、冬の水仙、春の桜の時期には静かに花を愛でることができます。
事前予約で色とりどりの筆ペンで写経の体験を行うことができ、気軽にできる体験として多くの人が訪れています。

おすすめポイント

境内には、100年前に夢のおつげで造られた安房高野山八十八ヶ所霊場があり、苔むした八十八体の弘法大師の石像があり、遍路道を一周約15分で巡ることができます。
そのほかに第二次世界大戦時の空襲の燃え後残る戦跡の平和の鐘楼堂、館山市天然記念物の葉上に実が付くオハツキラッパイチョウなど多くの見どころがあります。

基本情報

施設名

安房高野山妙音院

所在地

〒294-0038 千葉県 館山市 上真倉1689

営業時間

8:00~17:00

定休日/休業日

なし

駐車場

あり   【普通車台数】40台  【大型車台数】2台 

普通車(無料)
大型バス(要予約)

施設オプション

ペット同伴可、トイレ設備あり

交通アクセス

車で行く

富津館山道 富浦ICより約15分

バスで行く

JR館山駅より安房白浜方面に約10分乗車、上真倉バス停から徒歩約3分

その他の情報

文化財

国指定史跡・旧跡・名勝

・オハツキラッパイチョウ
・空襲の燃え跡のこる鐘楼堂

お問い合わせ

名称(ひらがな)

安房高野山妙音院(あわこうやさんみょうおんいん)

電話番号

0470-23-8285

FAX番号

0470-49-5154

この情報は2020年9月11日現在の情報となります。