ホーム > イベント > 印西市/鳥見神社の神楽

ここから本文です。

印西市/鳥見神社の神楽

とりみじんじゃのかぐら

【ご注意】台風15号の影響により、掲載イベント等の実施日・内容が変更または中止になる場合があります。

毎年10月17日、中根地区の鳥見神社例大祭に社前の神楽殿で演じられ、「大和神楽」又は「十二座神楽」と呼ばれています。
 起源は、室町時代の文安年中(1444年~1449年)にまでさかのぼると伝えられており、現在使われている面には、江戸時代の宝暦元年(1751年)の銘が入っています。「かため翁(おきな)の神」・「五穀(ごこく)祖(そ)神(じん)種蒔(たねまき)」・「榊(ゆ)笹(ざさ)行事」・「天(てん)狐(こ)乱舞(らんぶ)」・「おのころ島起源」などで構成されるその内容は神代の物語と郷土の農耕生活を反映しています。

印西市/鳥見神社の神楽の開催期間

2019年10月17日 /12時50分~16時00分

基本情報

イベント内容

神楽の奉納

開催場所

鳥見神社(印西市中根)
千葉県 印西市 中根1339

交通アクセス

その他

鳥見神社へは、JR成田線小林駅からタクシーで10分

その他の情報

文化財

県指定文化財

お問い合わせ

名称(ひらがな)

印西市教育部生涯学習課 (いんざいしきょういくぶしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0476(33)4714

ホームページ

印西市公式ホームページ(外部サイトへリンク)

この情報は2019年9月30日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する