ホーム > 観光情報検索 > 近藤勇陣屋跡

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

近藤勇陣屋跡

こんどういさみじんやあと

幕末、幕府軍とともに戦った新選組は、慶応4年(1868年)4月1日夜、総勢200余名で流山に移動した。流山では醸造家長岡屋を本陣として、光明院、流山寺などに分宿していたが、4月3日情報を得た西軍(新政府)の先鋒隊に包囲されてしまう。近藤勇は、大久保大和と名乗り出頭し、幕府公認の治安隊であると主張したが、板橋へ連行されることとなる。その後、新選組の近藤勇であることが露見し、4月25日に板橋にて処刑された。この地は近藤勇と土方歳三の最後の別れの地となったのである。

おすすめポイント

陣屋跡のとなりにはちょっと一息つける休憩スペースがあります。

基本情報

所在地

千葉県 流山市 流山2-108

近藤勇陣屋跡へは、流鉄流山駅から徒歩3分周辺には、閻魔堂・金市の墓、浅間神社、常夜燈、庚申様、江戸川などがあります。

交通アクセス

電車で行く

流鉄流山駅から徒歩5分

その他の情報

お問い合わせ

名称

流山市観光協会

電話番号

04-7150-6085

この情報は2015年7月1日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する