ホーム > 観光情報検索 > 木更津市郷土博物館金のすず

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

木更津市郷土博物館金のすず

きさらづしきょうどはくぶつかんきんのすず

木更津市郷土博物館金のすずは、太田山公園の中腹にあります。金鈴塚古墳から出土した国指定重要文化財を主としその他、弥生時代の低湿地遺跡として有名な菅生遺跡からの遺物等を保存・展示しています。主な展示品としては金銅製環頭大刀・金鈴・金糸・銀木美形垂飾などがあります。

金鈴塚古墳から出土した遺跡は、一括して国の重要文化財(昭和34年(1959年)6月27日指定)です。周辺には、太田山公園、きみさらづタワーなどがあります。

※金鈴塚古墳は立ち入り禁止となっております。

基本情報

施設名

木更津市郷土博物館金のすず

所在地

〒292-0044 千葉県 木更津市 太田2-16-2

定休日/休業日

月曜日・祝日の翌日・年末年始

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

電車で行く

JR内房線木更津駅東口から徒歩20分

バスで行く

JR内房線木更津駅から日東バス「恋の森」下車徒歩5分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

木更津市郷土博物館金のすず(きさらづしきょうどはくぶつかんきんのすず)

電話番号

0438-23-0011

この情報は2019年9月5日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する