ホーム > 観光情報検索 > 吉野酒造

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

吉野酒造

よしのしゅぞう

千葉の地酒、清酒腰古井の醸造元・吉野酒造は、夷隅川の上流部の植野地区にあります。天保年間(1830年~1844年)の創業の歴史のある酒蔵です。敷地内には、酒の神様・松尾神社が祭られています。「良い環境が良い酒を造る」をモットーに、樹齢数百年の古木に囲まれた、広大な敷地内の横穴式洞窟から、湧き出る自然水を仕込み水として、伝統の酒造りを継承しています。酒質は、やわらかくコクがあり、のどごしすっきりタイプです。銘柄は、地酒の地名、腰越の「越」を「古井」に置き換えて、「腰古井(こしごい)」と命名したものだそうです。

おすすめポイント

歴史の古い清酒「腰古井」の蔵元吉野酒造は、天保年間(1830年~1844年)の創業で12代目です。約10,000平方メートルの敷地内には10棟の建物があります。築後90年の母屋は総桧造り、建坪260坪、酒蔵には鉄格子がはまり、土蔵はなまこ模様、酒を祀った神社は、樹齢数飛躍百年の神木シイノキもあります。広大な敷地の横穴式洞窟から湧き出る自然水を使用し、伝統の酒造りに励んでいます。銘柄は、地名の腰越の「腰」を「古井」に置き換えて「腰古井(こしごい)」と命名しました。夏目漱石の原作「こころ」のテレビロケなどロケなど多くの撮影のロケ地となっております。

基本情報

施設名

腰古井

所在地

千葉県 勝浦市 植野571

営業時間

月~土 8時00分~17時00分
日・祝 10時00分~17時00分

定休日/休業日

第3日曜日

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

銘酒「腰古井」を醸す、吉野酒造は昔ながらの酒造製法を守り続けています。世界の酒として、フランスなどの諸外国に輸出されています。世界では、日本の酒として発売しています。
全国新酒鑑評会で、金賞を受賞しました。
周辺には、勝浦海中公園センター、テルムマラン・パシフィーク、鵜原理想郷などがあります。

交通アクセス

車で行く

館山自動車道(勝浦市中心街迄)市原インターから国道297号線経由、南下して約70分

電車で行く

JR外房線上総興津駅から徒歩20分

その他の情報

お問い合わせ

名称

吉野酒造

電話番号

0470-76-0215

FAX番号

0470-76-0168

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する