ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

妙覚寺

妙覚寺は、日蓮上人が開山し江戸時代日蓮宗の本山として多くの末寺を持った寺です。当時の興津城主佐久間重貞が日蓮聖人を招き邸内で法華経の講義を開いたあと出家しました。日円と号し、邸内にあった釈迦堂を日蓮聖人に寄進して妙覚寺と名付けました。また、当寺歴代の住職により法華経説法の道場として維持され中には身延山久遠寺や中山法華経寺の貫主になった人もおります。

基本情報

施設名

勝浦市興津1195-1

所在地

千葉県 勝浦市 興津1195-1

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

現在、日蓮宗の四本柱の一つの末寺(25ヶ寺)を持つ巨刹です。興津地区は、漁港として栄えました。境内には、仙台船をつないだ石柱が存在します。山門は、勝浦市の指定文化財です。

交通アクセス

車で行く

館山自動車道、市原インターから国道297号線経由、南下して約80分、圏央道市原鶴舞インターから国道297号線経由約50分

電車で行く

JR外房線上総興津駅から徒歩10分

その他の情報

お問い合わせ

名称

妙覚寺

電話番号

0470-76-0339

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する