ホーム > 観光情報検索 > 佐原張子(鎌田芳朗)

ここから本文です。

佐原張子(鎌田芳朗)

さわらはりこ(かまたよしろう)

明治の末期からの伝統を受け継ぐ佐原張子は、和紙を重ねばりして作り、亀車や、かに車のほかにも達磨などの縁起物の作品が出来上がります。素朴な形とゴム動力を使った発想が好評で人気を集めている郷土玩具です。他にもお面を中心に、現在60種類の作品があります。平成11年(兎年)に佐原張子もちつき兎が年賀切手のデザインに選ばれました。

基本情報

施設名

三浦屋鎌田芳朗

所在地

千葉県 香取市 佐原イ1978

千葉県指定伝統的工芸品に選定されています。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

鎌田芳朗(かまたよしろう)

電話番号

0478-54-2039

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。