ホーム > 観光情報検索 > 八幡大神の巨木群

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

八幡大神の巨木群

八幡大神の巨木群は、古原地区の八幡大神の境内にあります。針葉樹、広葉樹の林に杉、カヤ、ケヤキ、タブ等の巨木が林立しています。樹木が伐採され自然が失われつつある中で文化遺産としては勿論、動物や野鳥の生息地としても貴重な林です。昭和52年(1977年)3月2日に神崎町の天然記念物に指定されました。

基本情報

施設名

町指定天然記

所在地

千葉県 香取郡神崎町 古原甲51

施設オプション

トイレ設備あり

八幡大神の巨木群へは、JR成田線下総神崎駅から徒歩60分

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称

神崎町教育委員会

電話番号

0478-72-1601

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する