ホーム > 観光情報検索 > 〔令和3年度は中止〕安房国司祭(やわたんまち)/館山市

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

〔令和3年度は中止〕安房国司祭(やわたんまち)/館山市

あわこくしさい(やわたんまち)/たてやまし

鶴谷八幡宮の秋祭りは、千年余りの伝統を誇る安房地方で最も大きなお祭りで、「やわたんまち」と呼ばれており、現在、千葉県無形民俗文化財に指定されています。

初日は順次10社の神輿が着御(ちゃくぎょ)し、もみ・さしを繰り返す「神輿振(みこしぶり)」の勇姿を披露した後、御仮宮に納めます。

2日目は、4基の山車と1基の御船が入社、その後御仮宮の10社の神輿が還御(かんぎょ)します。八幡宮の神輿は昔の名残の放生会(ほうじょうえ)を執り行うため八幡の浜に神幸祭がされます。

2日間に渡る勇壮な祭りは、10万人の人出で賑わいます。

おすすめポイント

地元の人から「やわたんまち」の名称で親しまれている安房地域最大の祭礼です。
各地区から16台の山車・神輿・御船が集結します。

例年9月、敬老の日の前の土日に開催されます。

基本情報

施設名

鶴谷八幡宮・館山市内

所在地

千葉県 館山市

交通アクセス

その他の情報

文化財

千葉県無形民俗文化財

お問い合わせ

名称(ひらがな)

館山市観光協会(たてやましかんこうきょうかい)

電話番号

0470-22-2000

この情報は2021年7月16日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する