ホーム > 観光情報検索 > 沼のびゃくしん

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

沼のびゃくしん

ぬまのびゃくしん

沼のびゃくしんは、十二天神社の境内にあり、県内で最も大きなビャクシンの木です。幹周7.45m、樹高は17mあり、枝張り東西20m、南北24m、かたちのよい樹容をみせています。地上2ないし4mで11本に枝分かれし、内1本は切断された跡があります。樹皮は縦に裂け、ねじれ上がっており、空洞もあります。推定樹齢は約800年で、この木にはハゼノキ、イヌビワ、シロダモ、マサキ、トベラなどが着生しています。昭和36年(1961年)に館山市の天然記念物へ指定されました。

基本情報

施設名

十二天神社

所在地

千葉県 館山市 沼443

沼のびゃくしんへは、JR内房線館山駅からJRバス伊戸行き「館山小学校前」下車徒歩18分

交通アクセス

車で行く

富津館山道路・富浦ICから約25分

電車で行く

JR内房線館山駅からJRバス洲崎方面行「館山小学校前」下車徒歩約15分

バスで行く

館山駅からJRバス洲崎方面行「館山小学校前」下車徒歩約15分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

館山市教育委員会生涯学習課(たてやましきょういくいいんかいしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0470-22-3698

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する