ホーム > 観光情報検索 > 茂侶神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

茂侶神社

茂侶神社は、三輪野山地区の三輪野山の北端にあります。森に囲まれひっそりとしたたたずまいを見せております。最古の神社個別一覧表によると、延喜式神名帳によると延長5年(927年)に記載のある神社です。祭神は、大物主命を祀っています。下毛野君の始祖・豊城命が茂侶神社と名付けたといわれています。境内には庚申塔(元禄44年{1691年}の立像)や大国主命像(平成8年{1996年}に建立)があります。また、鳥居をくぐった左手に万葉歌碑(高さ1.2m、幅1.9m)が昭和57年(1982年)に流山市観光協会により建てられました。

基本情報

施設名

茂侶神社

所在地

千葉県 流山市 三輪野山620

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

歌碑は、下総女の情愛の深さを見せた恋歌で民謡と考えられます。1月上旬に行われる「ヂンガラ餅行事(流山市指定無形民俗文化財)」は奇祭です。周辺には、西栄寺、天神社などがあります。

交通アクセス

バスで行く

TX流山おおたかの森駅東口より東武バス「南流山駅クリーンセンター行」乗車三輪茂侶神社前下車

その他

JR・TX南流山駅北口より東部バス「流山おおたかの森駅東口行」乗車三輪茂侶神社前下車

その他の情報

お問い合わせ

名称

流山市商工課

電話番号

04-7150-6085

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する