ホーム > 観光情報検索 > 東深井古墳群

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

東深井古墳群

東深井古墳群は、昭和59年(1984年)に設置された東深井地区の公園(面積6.7ha)内に古墳群があります。古墳時代後期に造られた有力者一族の墓で、帆立貝形の前方後円墳1基と円分11基の計12基の群集墳があります。長さ11~23m、高さ47.3m位で出土品には直刀、刀子、鉄鍬などの武器やガラス小玉などの装飾品、埴輪などがあります。埴輪は円筒埴輪のほか楯を持った武人や馬、鶏、珍しい魚の形像埴輪などです。

基本情報

施設名

流山市

所在地

千葉県 流山市 東深井991地先

東深井古墳群へは、東武野田線運河駅から徒歩19分周辺には、利根運河、北部市民プールなどがあります。

交通アクセス

電車で行く

東武野田線運河駅から徒歩20分

バスで行く

江戸川台駅東口から流山ぐりーんバス「老人福祉センター入口」下車徒歩3分

その他の情報

お問い合わせ

名称

流山市みどりの課

電話番号

04-7150-6092

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する