ホーム > 観光情報検索 > 忍足佐内の碑

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

忍足佐内の碑

忍足佐内の碑は、白塚橋のたもとに忍足佐内と刻まれ建立されています。金尾谷(今の福沢)の名主でした。旱魃による疲弊と悪政による重税から村民を救うため、身を挺し藩主酒井大和守の江戸家敷に上訴し明治8年(1875年)に白塚川原で処刑された義民です。忍足佐内は正義感が強く村民を救うため身を挺し上訴したのです。享年・忍足佐内は44歳でした。南房総市の文化財に指定されています。

基本情報

施設名

市指定史跡

所在地

千葉県 南房総市 富浦町福澤字白塚39-1

忍足佐内の碑へは、JR内房線富浦駅から徒歩20分

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称

南房総市教育委員会

電話番号

0470-46-2963

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する