ホーム > 観光情報検索 > 里見義頼の墓

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

里見義頼の墓

岡本城主・里見義頼の墓は、光巌寺の境内北側にある墓地に祀られています。里見義頼は南総全域に威を振るいましたが45才で病死しました。光巌寺は、曹洞宗の寺で天正年間(1573年~1591年)に里見義頼(8代)が草創したといわれています。南房総市の史跡に指定されました。

基本情報

施設名

市指定史跡

所在地

千葉県 南房総市 富浦町青木232-1 光巌寺

里見義頼の墓へは、JR内房線富浦駅から徒歩10分周辺には、カーネーション団地、里見大黒天像、釈迦寺(ボケ封じ観音)、瀧淵神社(浮気封じ)などがあります。光巌寺(?0470-33-3895)は無休です。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称

南房総市教育委員会

電話番号

0470-46-2963

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する