ホーム > 観光情報検索 > 種姫の碑

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

種姫の碑

種姫の碑は、下沢地区の集会所前に建てられています。種姫は、里見義実の娘で里見義弘(里見氏七代)の妹です。正木時重の嫡子大太郎へ嫁いだが永禄7年(1564年)1月に下総国、国府台(現市川市国府台)で第2国府台合戦のとき夫を失いました。種姫は同年8月に上総朝生原の富士山宝林寺を建てました。亡夫の霊を弔った後に、尼となり、安房国白浜に滝本山種林寺を建立し、そこに居していたが今はその面影もなくなっています。晩年に宝林寺へ移りここで死亡しています。

基本情報

所在地

千葉県 南房総市 白浜町下沢地区

種姫の碑へは、JR内房線館山駅からバス安房白浜行き「終点」下車徒歩10分周辺には、里見氏の墓、杖珠院、野島崎などがあります。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称

南房総市教育委員会

電話番号

0470-46-2963

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する