ホーム > 観光情報検索 > 房総半島最南端の碑

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

房総半島最南端の碑

ぼうそうはんとうさいなんたんのひ

房総半島最南端の碑は、野島崎公園にあります。この地点から日本国内や外国の各地点までの距離がきざまれていて数字的に興味を覚えます。素材の黒御影石はアフリカ産で28tあるといわれています。野島埼灯台を中心とした公園はひとまわり約20分ですが潮風に吹かれて丘の上で雄大な気分になります。碑の彫刻は、南房総市白浜町出身の太田雅典氏によるものです。散策道も整備され散歩が楽しめ展望台から野鳥の観察もできます。 

基本情報

施設名

房総半島最南端の碑

所在地

千葉県 南房総市 白浜町白浜630地先

房総半島最南端の碑へは、JR内房線館山駅からバス安房白浜行き「野島埼灯台口」下車徒歩10分周辺には、野島埼灯台、白浜海岸美術館、野島崎海底透視船乗り場などがあります。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

南房総市教育委員会(みなみぼうそうしきょういくいいんかい)

電話番号

0470-46-2963

この情報は2017年2月2日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する