ホーム > 観光情報検索 > 宝珠院観音堂

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

宝珠院観音堂

ほうしゅいんかんのんどう

宝珠院観音堂は、昭和28年(1953年)から昭和29年(1954年)の解体修理によって、厨子内に永禄6年(1563年)の墨書銘が発見され、厨子の製作時期が判明しました。観音堂の建立も構造的特徴から、ほぼ同時期と推定されます。閑静で長い石段の境内にあり、正面三間、側面三間の茅葺きの屋根が建物の中心から下がる形態の寄棟造の堂です。内部は後部二間が内陣(仏を祀った最も奥の一画)前部一間が外陣という構造になっています。
内部の須弥壇、来迎柱、天井の一部に美しい色彩装飾が施され、通称「光堂(ひかりどう)」とも呼ばれています。

基本情報

施設名

宝珠院観音堂

所在地

千葉県 印西市 小倉1138

定休日/休業日

無休

交通アクセス

バスで行く

JR成田線木下駅からふれあいバス西ルート「小倉」下車徒歩5分

その他の情報

文化財

国宝

お問い合わせ

名称(ひらがな)

印西市生涯学習課(いんざいししょうがいがくしゅうか)

電話番号

0476-42-5111

ホームページ

印西市公式ホームページ(外部サイトへリンク)

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する