ホーム > 観光情報検索 > 浪切不動院(長勝寺)

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

浪切不動院(長勝寺)

なみきりふどういん(ちょうしょうじ)

浪切不動院(長勝寺)は、天平年間(729年~749年)に行基が難破船の海難除けとして不動尊像を刻んだものを、弘法大師が石塚山に移し開眠供養し寺を建てたとされています。山門をくぐり長い石段を登ると鮮やかな紅色の本堂があります。ここから山武市成東の町並みが一望できます。境内はとても美しいです
。元禄の頃漂流した漁船を寺の灯が導き無事難を逃れたことから長く崇拝された伝えがあります。千葉県指定天然記念物の「石塚の森」の中腹に位置し浪切不動の名で親しまれてきました。

おすすめポイント

石塚山の中腹の岩石上に造られた崖造りの赤い本堂は市内でも数少ない江戸時代初期の建造物です。

不動尊の西隣に、成東城跡公園があります。公園内に愛宕神社、斎藤信夫の「里の秋」の歌碑、テニスコートがあります。

基本情報

施設名

浪切不動院(長勝寺)

所在地

〒289-1326 千葉県 山武市 成東2551

定休日/休業日

無休

駐車場

あり   【普通車台数】15台 

無料

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

車で行く

圏央道山武成東ICから10分

電車で行く

JR総武本線成東駅から徒歩9分(930m)

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

浪切不動院(長勝寺)(なみきりふどういん)

電話番号

0475-82-2176

この情報は2018年8月14日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する