ホーム > 観光情報検索 > 大宮神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

大宮神社

おおみやじんじゃ

大宮神社は、平城天皇の大同2年(807年)の創建と伝えられます。祭神は、大山咋命・大巳貴命・少彦名命・嚴嶋姫命を祀っています。敷地吉2,354坪の境内には、本殿(板葺神明造)、幣殿(銅板瓦風葺)拝殿(瓦葺)、社務所(瓦葺)が建ち並びます。社殿は、中古火災にかかり元禄年間に改築され借毛郷宮と称しましたが、明治3年(1870年)10月に改号し明治6年(1873年)3月に郷社と定められました。
往古、崇神天皇の御宇が、この地方の開拓に当り国土経営の神大己貴命・少彦名命の二神を斎祀しました。稔殻と疾疫駆除を祈って、大物の主神を祭ったのが当社の創祀といわれています。その後、江州の日枝山より大山咋命を拝遷合祀し、大宮山王大権現と称したといわれています。

おすすめポイント

春季例祭(奉納神楽):毎年4月の第1日曜日
神事に併せて、天下太平・五穀豊穣を祈願し、江戸中期より代々伝わる福田流の十二座神楽が、折戸神楽保存会によって奉納されます。

秋季例祭:毎年10月
神輿の渡御
秋季例祭には出店も出て賑わいます。

基本情報

施設名

大宮神社

所在地

〒289-1535 千葉県 山武市 松尾町折戸648

定休日/休業日

無休

駐車場

あり   【普通車台数】10台 

無料

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

車で行く

圏央道松尾横芝ICから13分(9.6km)

電車で行く

JR松尾駅からタクシーで10分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

山武市教育委員会生涯学習課(さんむしきょういくいいんかいしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0475-80-1451

ホームページ

山武市HP大宮神社の神楽(外部サイトへリンク)

この情報は2015年4月14日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する