ホーム > 観光情報検索 > 童謡「里の秋」の歌碑

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

童謡「里の秋」の歌碑

どうよう「さとのあき」のかひ

童謡「里の秋」の歌碑は、作詞家で数多くの童謡を生み出した斎藤信夫を記念して建てられたものです。代表作「里の秋」の一節やその解説が刻まれています。この歌は昭和21年(1946年)にレコード化され今もなお幅広く愛唱されています。碑は成東城址公園の広場に置かれています。

おすすめポイント

室町時代に築城された成東城の内、外の空堀と思われる凹地が残されており、周辺の森にはさつき・つつじ・椎・梅などの植物も豊富な公園です。
この辺りは「関東ふれあいの道」にも指定されており、恰好のハイキングコースとなっています。

基本情報

施設名

童謡「里の秋」の歌碑

所在地

〒289-1326 千葉県 山武市 成東2654成東城跡公園内

定休日/休業日

通年無休

駐車場

あり   【普通車台数】10台 

無料

車いす用トイレあり・スロープ無し、盲導犬受け入れ

交通アクセス

車で行く

圏央道山武成東ICから15分

電車で行く

JR総武本線成東駅から徒歩20分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

山武市教育委員会生涯学習課(さんむしきょういくいいんかいしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0475-80-1451

ホームページ

山武市HP[里の秋」歌碑(外部サイトへリンク)

この情報は2015年4月16日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する