ホーム > 観光情報検索 > 蕪木古墳群

ここから本文です。

蕪木古墳群

かぶきこふんぐん

蕪木古墳群は、山武市松尾町から成田市に通じる街道沿いにある古墳群です。朝日岡古墳を主墳とする前方後円墳6基、円墳16基の6世紀の築造とみられています。中でも、5号墳は長軸46m、前方幅23m、後円部径22m、高さ5mの前方後円墳です。蕪木古墳で出土された副葬品には須恵器など数多くの飾りが出土しています。金銅製巾着形容器1個、金銅製刀子1振は、古代史をさぐる貴重な品々です。

基本情報

施設名

蕪木古墳群

所在地

千葉県 山武市 松尾町蕪木地先

交通アクセス

車で行く

圏央道 松尾横芝ICから5分(3km)

電車で行く

JR松尾駅から徒歩20分

バスで行く

「松尾工業団地入口バス停から徒歩7分(500m)

その他

JR松尾駅からタクシーで約5分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

山武市教育委員会生涯学習課(さんむしきょういくいいんかいしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0475-80-1451

この情報は2015年4月13日現在の情報となります。