ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

真光寺

しんこうじ

真光寺は、比叡山延暦寺の直末(じきまつ)で、1030年余り前に遍照僧正が旧松尾町(現山武市)折戸の地に開基したといわれています。本尊は地蔵菩薩です。鎌倉時代に現在の地に移転したと伝えられています。上総四本山の一つに数えられていました。現在の本堂は、文化6年に建立したものを、昭和62年(1987年)に大改修し竣工したものです。敷地約7,000坪の境内には、本堂、庫裏(くり)、阿弥陀堂、大師堂、鐘楼、閻魔堂、唐金大仏(1丈2尺)が建ち並び、その規模はかなり広大であったようです。石造文化財の六地蔵・六観音があります。

おすすめポイント

七福神・布袋尊
中国出身の禅僧で、実在した人物。いつも布の袋を背負い、この中に福財が入っていたといわれる。吉凶を先見する知恵に勝れた人物で、人々が事の吉凶に迷い、己の知恵の足らない事に気がついた時、笑顔を浮かべたその円満な容姿から知恵を授け、福徳と円満な暮らしを与えてくれるといわれる。

基本情報

施設名

真光寺

所在地

〒289-1537 千葉県 山武市 山武市松尾町借毛本郷1238-1

定休日/休業日

無休

駐車場

あり   【普通車台数】10台 

無料

寺は天台宗遍照山・地蔵院真光寺と呼ばれます。周辺には、大宮神社などがあります。

交通アクセス

車で行く

圏央道 松尾横芝ICから10分(8km)

その他

JR松尾駅からタクシーで10分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

真光寺(しんこうじ)

電話番号

0479-86-4386

ホームページ

七福神めぐり・真光寺(外部サイトへリンク)

施設内トイレ無し・スロープ有り

この情報は2015年4月10日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する