ホーム > 観光情報検索 > 豊受神社

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

豊受神社

とようけじんじゃ

豊受神社は「通称 神明様」と呼ばれ地域の人々に親しまれています。保元2年(1157年)の創建で、浦安市最古の神社です。祭神は、豊受姫大神を祀っています。敷地614坪の境内には本殿(銅板葺)、拝殿(銅板葺)、社務所(瓦葺木造)が建ち並びます。境内の神社として海神社が祀られています。永仁元年の大津波に遭い、社殿が大破し再築、続いて元禄・享保・寛政と、度重なる風水害により破損したので、嘉永3年に再建しました。大正12年に社殿を修繕し、神輿・灯籠が奉献されました。昭和49年5月に社殿を再建し、社務所・周囲の玉垣が建築され現在に至ります。

基本情報

施設名

豊受神社

所在地

千葉県 浦安市 猫実3-13-1

営業時間

9時00分から16時00分

定休日/休業日

無休

ご祈祷は、完全予約制となります。
周辺には、旧宇田川住宅、旧大塚住宅などがあります。

交通アクセス

電車で行く

営団地下鉄東西線浦安駅から徒歩15分

バスで行く

営団地下鉄東西線浦安駅からバス新浦安駅行き「豊受神社」下車徒歩1分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

豊受神社(とようけじんじゃ)

電話番号

047-381-1011

この情報は2017年2月13日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する