ホーム > 観光情報検索 > 稲村城跡

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

稲村城跡

いなむらじょうあと

里見氏初代義実が文明18年(1486)に築城をはじめたと伝えられ、五代義豊までが居城とした里見氏の城跡です。三代義通のあと国政を執った義通の弟実蕘を義通の子義豊が攻め、その義豊は実蕘の子義蕘に討たれるという、一族間の争いを演じた城で、天文3年(1535)に廃城になったといいます。
 また、城跡東南には「水神の森」とよばれる小叢林があり、義豊の首を埋めたところと伝えられています。
 南房総市の岡本城跡とともに「里見氏城跡」として国の史跡に指定されています。

基本情報

施設名

稲村城跡

所在地

千葉県 館山市 稲

交通アクセス

車で行く

富津館山道路・富浦ICから約20分

電車で行く

JR内房線館山駅から日東バス館山鴨川線または館山千倉線「稲村」下車徒歩約20分

バスで行く

館山駅から日東バス館山鴨川線または館山千倉線「稲村」下車徒歩約20分

その他の情報

文化財

国指定史跡・旧跡・名勝

お問い合わせ

名称(ひらがな)

館山市教育委員会生涯学習課(たてやましきょういくいいんかいしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0470-22-3698

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する