ホーム > 観光情報検索 > 前田普羅の句碑・墓碑

ここから本文です。

前田普羅の句碑・墓碑

まえだふらのくひ・ぼひ

前田普羅の句碑は、国民宿舎白子荘の脇にあります。墓碑は「玄徳寺境内」(白子町関中島810)に建てられています。前田普羅(明治18年(1885年)-昭和29年8月8日(1954年))は、早大中退後、横浜裁判所に勤めながら俳句を作り始め、ホトトギス俳誌に投句、高浜虚子に認められました。その門下に入り後、同誌の課題句の選者となりました。後に、高浜虚子門下四天王と呼ばれました。前田普羅は、出身地である白子町を何度となく訪れました。白子町にある句碑には”向日葵の月にあそぶや漁師たち”と刻まれています。

基本情報

施設名

町指定史跡

所在地

千葉県 長生郡白子町 古所3291-3

施設オプション

ペット同伴可、トイレ設備あり

前田普羅の句碑へは、JR茂原駅からバス白子車庫行き「終点」下車徒歩10分。前田普羅の墓碑(玄徳寺)へは、JR外房線茂原駅からバス白里行き「関中島」下車徒歩5分。

交通アクセス

車で行く

千葉より千葉東金道路−国道126号−東金九十九里有料道路−九十九里有料道路−白子IC−県道30号−約3分

バスで行く

JR外房線茂原駅から小湊バス白子車庫行き「終点」下車徒歩10分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

白子町生涯学習課(しらこまちしょうがいがくしゅうか)

電話番号

0475-33-2144

ホームページ

白子町役場(外部サイトへリンク)

この情報は2015年1月30日現在の情報となります。