ホーム > 観光情報検索 > 白井市/西輪寺

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

白井市/西輪寺

西輪寺は、文禄2年(1593年)開基と伝えられ、後の慶安年間(1648年~1651年)に上野寛永寺の僧豪胤が再建したといわれています。本尊は阿弥陀如来です。境内には太子堂があります。本尊の木造聖徳太子立像は南北朝時代の制作と考えられ、白井市指定文化財となっています。

基本情報

施設名

西輪寺

所在地

千葉県 白井市 富塚905

定休日/休業日

無休

施設オプション

トイレ設備あり

周辺には、鳥見神社があります。散策には絶好の場所です。

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称

西輪寺 (当面)来迎寺

電話番号

047(492)0066

この情報は2019年11月8日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する