ホーム > 観光情報検索 > 梅ヶ瀬渓谷

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

梅ヶ瀬渓谷

うめがせけいこく

養老川支流の渓谷を指し、川幅4~4.5mの渓谷の両岸には高さ30~50mの浸食崖が続いています。四季折々美しく変化し、もみじが美しい名所として知られています。九州高鍋藩(宮崎県)出身の教育者日高誠実がこの地に隠棲したのち渓谷沿いに400株の梅を植え、梅ヶ瀬書堂を開校し近隣の生徒を指導したと言われています。現在建物は朽ち果てましたが、屋敷跡にはもみじの大木がそびえ、落葉の時期には見事な紅葉の絨毯が見られます。

基本情報

施設名

梅ヶ瀬渓谷

所在地

〒290-0536 千葉県 市原市 戸面地先

駐車場

あり   【普通車台数】30台 

施設オプション

トイレ設備あり

仮説トイレが設置されます(4月、5月、11月、12月)。梅ヶ瀬渓谷にはカエデが多く、谷全体が真っ赤に彩られます。日高邸跡の紅葉は大木で、特に見事です。

交通アクセス

車で行く

圏央道市原鶴舞ICから約30分

電車で行く

小湊鉄道養老渓谷駅から徒歩90分(JR内房線五井駅で小湊鉄道へ乗り換え)

その他の情報

見ごろ・シーズン

4月、5月、10月、11月

お問い合わせ

名称(ひらがな)

養老渓谷観光案内所(ようろうけいこくかんこうあんないじょ)

電話番号

0436-96-0055

この情報は2015年2月18日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する