ホーム > 観光情報検索 > 関 寛斎

ここから本文です。

関 寛斎

せきかんさい

東金市東中出身の医者で、開拓者として活躍した関寛斎の胸像が東金中央公園にあります。天保元年(1830年)2月18日に生まれ佐倉順天堂佐藤泰然に医学を学び銚子にて開業しました。ヤマサ醤油社長の援助を受けて長崎へ留学し蘭医ポンペの門下で西洋医学を学びました。その後、阿波蜂須賀家の藩医となり戊辰の役の際に奥羽出張病院の頭取となりました。明治6年(1873年)に一平民に戻り徳島で30年間医療に従事しました。

基本情報

施設名

東金中央公園

所在地

千葉県 東金市 東岩崎

交通アクセス

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

東金市生涯学習課(とうがねしさんぎょうしんこうか)

電話番号

0475-50-1187

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。