ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

八鶴湖

はっかくこ

八鶴湖は、もともと鉢形の盆地で中心に池があり、徳川家康が東金御殿を築造の際に、池を広げ谷池または御殿池と呼ばれました。現在、八鶴湖と呼ばれ周辺の山々の樹木が湖西に影を落とす見事な光景から、中国の西湖にちなんで小西湖とも呼ばれています。JR東金駅の西約500mにあり、三方を鴇が峰の丘陵に囲まれた湖です。面積は3.4haで周囲約800mもあります。湖の東岸に最福寺、西岸に本漸寺などの古刹があります。本漸寺の後方には戦国時代に酒井氏が本拠を構えた東金城跡があり土塁などが残っています。

おすすめポイント

八鶴湖の周囲には約1000本の桜が植わっており、毎年4月上旬になると「東金さくらまつり」が開催され、大勢の花見客でにぎわいます。

基本情報

施設名

八鶴湖

所在地

千葉県 東金市 東金1415

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

ペット同伴可、トイレ設備あり

交通アクセス

電車で行く

JR東金線東金駅から徒歩10分

その他の情報

見ごろ・シーズン

4月

お問い合わせ

名称(ひらがな)

東金市産業振興課(とうがねしさんぎょうしんこうか)

電話番号

0475-50-1142

ホームページ

東金市役所(外部サイトへリンク)

この情報は2016年2月24日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する