ホーム > 観光情報検索 > 長福寿寺

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

長福寿寺

ちょうふくじゅじ

長福寿寺は、延暦17年(799年)に桓武天皇の勅願により伝教法師によって創建されました。本尊は阿弥陀如来です。江戸時代には、房総三カ国の天台308ケ所を統括する高い格式を与えられ、学問修行道場のメッカとなっており、今も研修道場を開設しています。境内には、紅花が咲いています。「ロマンの花」ともいわれる紅花は、色々な姿を持っています。健康食品・薬草・生花・ドライフラワー・染料として、そして女性が永遠に求めてやまない美の象徴「紅」としても使われています。

基本情報

施設名

長福寿寺

所在地

千葉県 長生郡長南町 長南975-2

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

寺は三途台長福寿寺と呼ばれます。寺所有の、木造慈恵大師坐像は、千葉県の指定有形文化財です。

交通アクセス

車で行く

茂原長南IC(圏央道)より5分

バスで行く

JR外房線茂原駅からバス長南経由牛久行き「愛宕」下車徒歩3分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

長福寿寺(ちょうふくじゅじ)

電話番号

0475-46-1837

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する