ホーム > 観光情報検索 > 圓福寺(飯沼観音)

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

圓福寺(飯沼観音)

えんぷくじ いいぬまかんのん

飯沼観音の圓福寺は、坂東三十三ヵ所観音霊場第二十七番札所です。境内には、本尊・十一面観音を安置する観音堂(本堂)や五重塔があります。神亀5年(728年)、漁師の網にひっかかった十一面観音像の奉安に始まり、弘仁年間(810年~824年)に東国を巡っていた弘法大師が開眼したと伝えられています。毎月18日は縁日が行われます。銚子の繁華街や商店街は、飯沼観音を中心に形成され門前町として繁栄してきました。境内には、日本における河川測量の原点である「飯沼水準原標石」があります。文化財として歴史的、学術的に価値のあるものです。

基本情報

施設名

飯沼観音

所在地

千葉県 銚子市 馬場町293圓福寺

定休日/休業日

無休

駐車場

あり  

施設オプション

トイレ設備あり

境内には、俳人・古帳庵の句碑「ほととぎす銚子は國のとっぱずれ」があります。

交通アクセス

車で行く

東関東自動車道、佐原香取ICから国道356号線で約1時間

電車で行く

銚子電鉄観音駅から徒歩5分

バスで行く

JR総武本線銚子駅からバス川口行き「陣屋町」下車徒歩2分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

圓福寺(えんぷくじ)

電話番号

0479-22-1741

ホームページ

真言宗飯沼山圓福寺(外部サイトへリンク)

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する