ホーム > 観光情報検索 > 千葉市/千葉県立中央博物館

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

千葉市/千葉県立中央博物館

ちばけんりつちゅうおうはくぶつかん

千葉県立中央博物館は、千葉県立青葉の森公園内の文化ゾーンの一画に設置されています。
「房総の自然と人間」を全体テーマとし、「房総の自然誌」「房総の歴史」「自然と人間のかかわり」の3つの主要展示室から構成されています。
標本、写真のほか、実物大のナウマンゾウの骨格模型など、各種のレプリカやジオラマなども展示されています。
「房総の自然誌」の展示室は「房総の地学」「房総の生物」「海洋」「生物の分類」「小動物展示室」からなっています。
また、隣接して野外施設の生態園が設置されています。

学習についての物の見方、調べ方を教えます。
資料に触れることができる体験学習室があります。
周辺には、青葉の森公園、千葉寺などがあります。

おすすめポイント

<2019年10月開催イベント>
●ドングリ・マツボックリを探そう
青葉の森公園でいろいろなマツボックリを探し、タネを飛ばすための仕組みや成長の痕跡を観察します。
日時:10月19日(日曜日)10時30分~12時00分、13時30分~15時00分/会場:青葉の森公園/料金:保険料50円/対象:小学生以下は保護者同伴/定員:各回20名(当日受付・先着順)

●秋の親子科学クラブ 空飛ぶおもちゃをつくろう
紙ヒコーキをはじめとして、空飛ぶおもちゃをつくりながらその原理をさぐります。
日時:10月20日(日曜日)13時30分~15時00分/会場:千葉県立中央博物館 1階ホール/料金:保険料50円、材料費100円/対象:どなたでも ※小学生以下は保護者同伴/定員:15組(当日受付・先着順)

●講座「千葉県の野菜行商をふりかえる」
かつて専用車両が用意されたほど大勢の農家の女性達が東京方面に行商に向かいました。その実態に迫ります。
日時:10月26日(日曜日)13時30分~15時00分/会場:千葉県立中央博物館 研修室/料金:資料代100円/対象:中学生以上/定員:30名(当日受付・先着順)

基本情報

施設名

千葉県立中央博物館

所在地

〒260-8682 千葉県 千葉市 中央区青葉町955-2

営業時間

9時~16時30分(入館は16時まで)

定休日/休業日

月曜日(祝日の場合は次の平日)
年末年始

駐車場

あり  

青葉の森公園北口駐車場をご利用ください(有料)

施設オプション

トイレ設備あり

一般300円(240円)、高大生150円(120円)

交通アクセス

電車で行く

京成線千葉寺駅から徒歩約15分

バスで行く

JR千葉駅東口から京成バス「大学病院」「大学病院・南矢作」行き「中央博物館」下車(所要時間約15分)徒歩約7分
JR千葉駅東口からちばシティバス「川戸都苑」行き「中央博物館」下車(所要時間約15分)徒歩約7分
JR蘇我駅東口から小湊鐵道バス・千葉中央バス「大学病院」行き「中央博物館」で下車(所要時間約15分)徒歩約7分
京成千葉寺駅から「大学病院」行き「中央博物館」で下車(所要時間約5分)徒歩約7分

その他の情報

体験プログラム 詳細

あり

ユニバーサルデザイン

車いす対応スロープあり、エレベーターあり、おむつ交換台あり、車いす貸出あり

お問い合わせ

名称(ひらがな)

千葉県立中央博物館(ちばけんりつちゅうおうはくぶつかん)

電話番号

043-265-3111

ホームページ

千葉県立中央博物館(外部サイトへリンク)

この情報は2019年10月15日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する