ホーム > 観光情報検索 > 鎌数伊勢大神宮

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

鎌数伊勢大神宮

かまかずいせじんぐう

鎌数伊勢大神宮は、寛文12年(1672年)に伊勢内宮荒木田の神主・梅谷長重の創立です。祭神は、天照皇大神を祀っています。千葉県内ではここだけという伊勢皇大神社の分社です。敷地902坪の境内には、本殿(萱葺神明造)、幣殿(銅板葺)、拝殿(銅板葺神明造)、社務所(亜鉛板葺平家造)が建ち並びます。江戸時代寛文7年(1667年)に、伊勢桑名の藩士辻内刑部左衛門などにより、下総の国椿の海とよばれていた広大な湖の開発工事(干拓事業)が起工され、梅谷長重により大業の完成を祈願しました。地元では「お伊勢さま」として広く親しまれています。

おすすめポイント

春の祭礼(3月)には、数万の人出で賑います。奉納される神楽は、千葉県の指定無形民俗文化財です。

基本情報

施設名

鎌数伊勢大神宮

所在地

〒289-2505 千葉県 旭市 旭市鎌数4314

定休日/休業日

無休

駐車場

あり   【普通車台数】200台 

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

車で行く

【千葉東金道路経由】
東関東自動車道から千葉東金道路を経由し、終点「横芝光IC」から約25分
【東総有料道路経由】
東関東自動車道「大栄IC」から東総有料道路を経由し約40分

電車で行く

JR総武本線干潟駅から徒歩20分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

鎌数伊勢大神宮(かまかずいせだいじんぐう)

電話番号

0479-62-1982

この情報は2018年10月31日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する