ホーム > 観光情報検索 > 大塚原古墳

ここから本文です。

旅の目的地とは 旅計画の目的地に追加

大塚原古墳

おおつかはらこふん

大塚原古墳は、壬申の乱に敗れた弘文天皇(大友皇子)の妃であった耳面刀自媛(みみもとじひめ)の墓という伝説のある古墳です。昭和46年(1971年)の発掘調査の際に人骨が出土し、朱がさしてあったことから、貴人が埋葬されたと推定されています。耳面刀自媛を祀る内裏神社(旭市泉川)には室町時代の作と推定される木彫像が安置されています。耳面刀自媛は、中臣の鎌足の娘といわれています。昭和52年(1977)に旭市の史跡に指定されました。

基本情報

施設名

大塚原古墳

所在地

千葉県 旭市 大塚原1176

施設オプション

トイレ設備あり

交通アクセス

車で行く

銚子連絡道路横芝光ICから126号で銚子方面へ30分

その他の情報

お問い合わせ

名称(ひらがな)

旭市生涯学習課(あさひししょうがいがくしゅうか)

電話番号

0479-55-5728

この情報は2014年9月17日現在の情報となります。

周辺スポットを探す

地図の下にあるアイコンをクリックすると、地図と関連するスポットが表示されます。

スポット一覧

地図下のアイコンを選択してください

検索結果が表示されます

周辺の宿泊施設を予約する